(写真: 日産自動車の発表資料より)

写真拡大

 日産自動車とNISMO(NISSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL )、オーテックジャパンは24日に日産ファン必見の発表をした。それは「NISMOヘリテージ」。「末永く乗り続けたい」「楽しみ続けたい」という顧客の想いに応え、スカイライン GT-Rなどの日産のパフォーマンスカーを長く乗り続けられることを目的とした活動だ。その一環として製造しなくなった部品を「NISMOヘリテージパーツ」として12月1日から日本国内で販売を開始する。

【こちらも】【ニッサンGT-R 2018】北米で10万ドル切る 格安5人乗り4WDモンスター健在

 NISMOヘリテージとは日産、NISMO、オーテックの3社に加え、部品の製造業者が共同で過去に販売していた部品の再供給を検討し、これからも長く愛され乗り続けてもらうことを可能な限り支援していく活動である。

 その活動の第一歩目は1989年から1995年1月まで日産自動車から販売されたR32型スカイラインGT-R。その走行や車検に欠かせないハーネス、ホース、チューブ、ケーブルバッテリー、バンパー、エンブレムなど約80もの部品をNISMOヘリテージパーツとして販売。そしてこの活動はR32 GT-Rから始まり、R33、R34と拡大していく予定だ。スカイラインを愛するファンにとっては本当に嬉しい活動だ。

 しかし、部品の中には再生産出来ないものもある。再生産出来ない部品はNISMOチューニングパーツでの対応や、交換、オーバーホール、新規製造で対応する。再生産出来なくてもこれだけの待遇を受けることが出来るのはうれしい限りだ。また、今回発売されるNISMOヘリテージパーツは富士スピードウェイ(静岡県)で11月26日に行われた「NISMO FESTIVAL」の特設ブースでも披露された。