「ら抜き言葉」に予想外の真相 抜けている言葉は「ら」ではない?

ざっくり言うと

  • ある大学教授が講義で、「ら抜き言葉」で抜けている言葉の正体を伝えた
  • 「見られる→見れる」の変化をローマ字にすると「ar」が抜けていると分かる
  • また言葉の変化には社会の変化などの要因が関係し、説明は難しいという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング