メンバー全員が中学1年生のアイドルユニット・パンダみっく!1stシングルリリースに向けて話を聞いた

写真拡大

全員中学1年生のアイドルユニット・パンダみっくが11月29日(水)、1stシングル「好きな曜日はxx」をリリースする。

【写真を見る】今どきの中学1年生に迫る!?

それを前に、メンバーの岩方虹夏(いわかた こな、13歳)、中嶋莉緒(なかじま りお、12歳)、橋本彩花(はしもと あやか、13歳)、横澤星流(よこさわ せいる、13歳)の4人(野邑仁衣菜[のむら にいな、13歳]はこの日、欠席)に話を聞いた。

パンダみっくは、SiAM&POPTUNe、sora tob sakanaに続く“ふらっぺidolぷろじぇくと”の第3弾ユニットとして、2016年6月に結成。今回、元カラスは真っ白・タイヘイをサウンドプロデューサーに迎え入れてのCDデビューとなる。

■ CDデビューの知らせは“まさか”の形で!?

――初めに、“パンダみっく”とはどんなグループなのか教えていただけますか。

岩方:ファンクポップな楽曲が中心な、中学1年生のグループです。

――“パンダみっく”というグループ名の由来は何でしょうか?

横澤:動物のパンダと、pandemic(パンデミック)っていう単語を掛けたグループ名です。

橋本:先輩のグループがネコ(SiAM&POPTUNe)とサカナ(sora tob sakana)なので、その流れで動物ですね。

横澤:zoo!

橋本:そうですね。

――動物繋がりですね!? 今作がデビューシングルですが、「CDを出します」って聞いた時はどう思いましたか?

橋本:ずっと憧れだったので、もうビックリしましたね。

――どんな形で知らされたんですか?

横澤:ワンマンライブでサプライズ発表の予定だったんですけど、裏台本が手渡っちゃって、それで知っちゃいました(笑)。

岩方:それで、演技をすることになっちゃって。

橋本:でも、してないよね。

横澤:演技ができないから、してなかったです。

橋本:だから、ドッキリだけどドッキリじゃないみたいな。

――よりサプライズで、印象に残りますね。

橋本:思い出に残っちゃったね。

一同:ねっ。

■ パンダみっくの楽曲紹介!

――3曲収録されていますが、それぞれどんな曲か教えていただけますか?

中嶋:「好きな曜日はxx」は、“金曜日にテンションが上がる”っていう歌詞の曲です。

橋本:多分、休日が好きな人だと思うんですよ。

横澤:いや、休日は嫌いな人? だって、土曜日は寝れなくなって怖くなった気がする。

橋本:あぁ、そっか。この人は金曜日が好きみたいですね。

――歌の中の人ですね。

橋本:それ以外の曜日は、だらしない感じで1日を過ごしてる。

中嶋:間奏は格好良いんですけど、サビになってからいきなり可愛くなるっていうギャップが聞きどころですね。

岩方:2曲目の「ヒズムリアリズム(rearrange ver.)」は全体的に明るくてポップな曲なんですけど、途中でラップの部分があって、そこがとっても見どころだと思います。

――元々、ラップが得意だったとかですか?

岩方:いや…。

橋本:そういうこともないですね…。

中嶋:こなちゃん(岩片)はよく、自作でラップを作ったりして。

横澤:歌ってます。

岩方:でも、下手くそです(笑)。

――謙遜されてますが、他の皆さんから見て岩方さんのラップはどうですか?

一同:面白いですよ。

中嶋:個性的で。

橋本:“オン眉”だからできる事!(笑)

――“オン眉”大事ですよね!?

橋本:そうですね! リズムにのりやすい曲なので、ライブの時とかもファンの人と一緒にのれちゃいますね。

一同:のれますね。

――ファンと一緒に楽しめる曲ですね。

橋本:はい!

横澤:3曲目の「白黒イエスノー」は明るい曲ですね。

中嶋:可愛い曲です!

橋本:今どきっていう感じの。

横澤:いや、私は未来な感じがする(笑)。

――じゃあ、可愛い曲ということで。

橋本:そうですねー(笑)。

横澤:落ちサビに注目してほしいです。

岩方:そこだけ、おとなしい、静かな感じになって。

横澤:そこからバーン!って(笑)。

■ 結成からCDデビューまでの日々…

――結成から今回のCDデビューまで、約1年半がどんな日々だったか振り返っていただけますか?

橋本:最初はダンスも歌も全然個性が出せてなくて、みんながみんな同じっていう感じだったんですけど、今は「ここを大きく踊ろう」とか「滑らかにしよう」とか、1人1人考えを持つようになったと思います。ライブの時の見せ方とか、ちょっと変わってきましたね。

――アイドル活動を始めてから、何か印象的だった事ってありますか?

岩方:新人公演(2016年夏の東京・AKIBAカルチャーズ劇場主催「新人公演」)です。パンダみっくが初めてお披露目された場所なので、すごく印象的だったし、そこからパンダみっくが始まった感じがしました。

――その頃と比べて、自分で成長したなと思える部分はありますか?

岩方:歌とかダンスとかで個性を出せるようになって、MCとかも上手になれたかなって思います。

橋本:MCはまだまだなんですけど。

中嶋:最初はMCの言葉すら。

橋本:カンペとか出されて(笑)。それをガン見してる感じだったんですよ。でも、今は。

横澤:カンペないもんね。

橋本:そう、カンペなしでも…まあ、うん、たまに…。

横澤:あるんですけどね。

橋本:でも、昔よりは良くなったと思いますね。

――お客さんを楽しませられてますか?

橋本:そうですね!

■ パンダみっくの魅力は“格好良さ”!?

――自分たちが思う、パフォーマンスの強みってどんな部分ですか?

中嶋:全体的に、オリジナル曲よりカバー曲の方が多くて。

横澤:色んなバンドさんの曲を、たくさんカバーしてます。

橋本:バンドさんの曲なので、やっぱり格好良いんですよ。ダンスも、それに合わせて先生が格好良い振り付けをしてくれているので、バッキバキに踊っちゃいますね。

――格好良い曲をアイドルっぽくやるのではなく、格好良くやる感じですね。

橋本:そうですね。

横澤:アイドルっぽくはできないです(笑)。

橋本:可愛い曲が、ちょっと苦手ですね。

中嶋&横澤:「可愛くない」って言われます(笑)。

橋本:そうなんですよ。

――ロック的な格好良さが特徴ということですね。

■ JCパンダみっくの“あるある”とは?

――ところで、学校は楽しいですか?

一同:めちゃめちゃ楽しいです!!!!

橋本:学校生活は、全部が面白いよね?

横澤:うん!

今日、大失態を演じてしまったんですよ。今日提出だと思ってた理科の提出物があって、昨日の夜は眠い中、徹夜したんです。なのに、今日提出じゃなかったんですよ。

横澤:あるよねー。

橋本:で、もうすごい落ち込みました。あんなに頑張ったのにって。

一同:「あんなに頑張ったのに」って(爆笑)。

――中学1年生が徹夜するっていうのも、ちょっと衝撃でした。

橋本:いつもの事ですよ。テストも近寄ってきてて、明日であと1週間…。

横澤:私は、2週間切りそうで、切ってないです。あと2週間ない…あるです。

岩方:私は、あと1週間です。

――テスト勉強で忙しいですか?

橋本:そうですね、はい。

横澤:昨日から始めました。

橋本:遅いですね。

横澤:いつもの事です。

中嶋:頑張ろうね。

――テストとか宿題とか、結構ギリギリな感じですか?

橋本:そうですね。やる、やるとか言って、やらないんですよ。いつも寝ちゃいます(笑)。

岩方:提出物とか、いつもギリギリです。

中嶋:謎の余裕があるよね。

横澤:これはいける!とか言って。

橋本:言って、テストが返ってきて「あぁ…」「おぉ…」みたいな。

――楽しい学生生活、まだまだ長いですね。

橋本:楽しみでございますね。

――皆さん、今年の3月までは小学生でしたが、中学生になって何か変化ってありましたか?

岩方:ルールがすごい厳しくなったなって思いました。

中嶋:あと、小学校は私服だったから、服を選ぶのに時間が掛かってたんですけど、中学生は制服なので、そういう手間が掛からなくなったのが嬉しいです。

■ パンダみっくがJCたちの流行を教える

――学校ではどんな事が流行ってるんですか?

橋本:やっぱり、SNS関係の事が流行ってますね。

――みんな、常に「インスタ映え」って言ってるんですね。

一同:あっ、言ってますね。

横澤:竹取の翁を撮って、インスタ映えとか言ってたなー。

一同:(爆笑)

橋本:えっ、どういうこと? 意味が分からなかった…。

岩方:おじいちゃんでインスタ映え?

横澤:そう。

橋本:「これが、家のおじいちゃんです!」って?

横澤:いや、「竹取の翁です」って。

――「竹取物語」の話ですね。

横澤:そうです!

■ パンダみっくはみんなボケだった!?

――グループ内でボケ担当の人、ツッコミ担当の人っているんですか?

一同:えぇー!?(笑)

中嶋:みんなボケてて、ツッコむ人がいないです。

橋本:ツッコむ人がいなくて。

中嶋:ゴチャゴチャになるんですよ。MCとかで、みんなボケちゃって、誰もツッコまないとか。

横澤:ツッコんだ人も、ボケてるもんね。

橋本:そう。

――そんな中、MCでは誰が仕切ってるんですか?

橋本:たまに、りお(中嶋)。

横澤:たまにじゃなくない?

橋本:仕切るっていうか、大体まとめてくれますね。

中嶋:練習の時とか、みんなでやり取りしてるんですけど。

橋本:大体、脱線した時は「ほら、やるよ!」とか言ってくれますね。

中嶋:言いますね…。

――本当ですか? さっきから、すごい笑い転げてますけど。

中嶋:はい。

橋本:頑張りましょう!

■ 2018年、パンダみっくが“メガ進化”!?

――2017年のラストにCDリリースが決まって、これから迎える2018年はどんな年にしたいですか?

岩方:パンダみっくの年にしたいです! ブームになって、今よりも有名になりたいです!!

橋本:1年目って、どんどんライブとかやってたけど、「まだ1年目だから」みたいなのがあるじゃないですか。それで、2年目に入って「前よりも成長したんだね」みたいな感じなので、もっと“メガ進化”できるような。

中嶋:今まで出たことがない、大きいイベントとか。

橋本:ステージだったりとか。

横澤:出たいですね!

中嶋:色々と小さい事でも積み上げてというか、皆さんに知ってもらえるようにしたいです。あと、フォロワーさん?

横澤:フォロワーさんを増やしたい。

橋本:1月に、フォロワーを3000人にするっていう今年の目標を立てたんですよ。で、今は2700人くらいなので、あと1カ月で3000人になって、さらに増やしていけたらいいなって思います。

――シングル出して、もっと多くの人に知ってもらえるといいですね。では、最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

橋本:こんにちは!(笑)11月29日に1stシングル「好きな曜日はxx」をリリースするので、ぜひゲットしてください。そして、気になった方はライブに足を運んでください。待ってまーす。

横澤:バイバーイ!!

橋本:ラジオみたいになっちゃった(笑)。(ザテレビジョン)