会見した左から亀井日建設計社長と今井ソフトバンク副社長

写真拡大

 ソフトバンクと日建設計は27日、次世代ビルの設計開発に向けて業務提携したと発表した。

 多様なセンサーで得たIoT(モノのインターネット)データやロボットなどを活用し、設備管理や清掃などのビル運用管理コストを40%以上削減する。快適で業務効率が高まる職場環境も実現する。既存ビルなどで実証した上で、ビル所有者向けIoTサービスの提供などにつなげる。

 ソフトバンクグループの投資先企業が持つ先端技術や、日建設計の設計に関する知見などを活用し次世代ビルを実現する。環境センサーなどのデータやロボットを活用し、設備管理や清掃、警備などに関わるビルの運用コストを最適化する。また人の流れを示すデータを活用し、働きやすい職場環境作りなどにも取り組む。
 
 同日、都内で会見した今井康之ソフトバンク副社長は「IoTやロボットをフル活用して(次世代ビルを)実現する」と強調した。一方、亀井忠夫日建設計社長は「IoT技術を活用することで職場の知的活動の生産性や快適性を高められる」と期待を述べた。