富士フイルムの直営店(東京・六本木)

写真拡大

 健康の3要素である食事と運動と睡眠―。2017年の新語・流行語大賞には、日々の睡眠不足が積み重なり心身ともに悪影響をもたらす「睡眠負債」がノミネートされた。日用品・化粧品メーカーにとって睡眠に関連する市場は大きくはないものの、各社は多様な視点から睡眠にアプローチし、商品を訴求している。

 ライオンは機能性関与成分のGABA(ギャバ)を配合した清涼飲料水「グッスミンGABAのちから」を機能性表示食品として10月に改良発売した。GABAはストレスが緩和するなど寝付きの向上につながるとされる。

 同社ウェルネス・ダイレクト事業本部事業企画部の山崎奉裕主任部員は、睡眠関連市場について「市場としての伸びは大きい。伸び率に着目している」と話す。ライオンは16年にダイキン工業などとプロジェクト「世界睡眠会議」を立ち上げ、睡眠に関する情報を発信している。

 富士フイルムは「17年の健康食品の市場規模は、約110億円で市場全体に対するリラックス・睡眠市場の占有率は1・2%」(ヘルスケアラボラトリーブランド・プロダクトマネージメント部の阪口博之マネージャー)とみている。

 同社は睡眠途中での目覚めを減らす機能性表示食品「飲むアスタキサンチンすっとねリッチクロセチンプラス」を17年2月に発売。阪口マネージャーは「睡眠の質が大切。睡眠薬には抵抗がある人もいるため、機能性表示食品の需要がある」と分析する。

 ポーラ・オルビスホールディングス子会社のDECENCIA(東京都品川区)は、睡眠不足による肌荒れに対応する新処方の理論解明や商品開発に、5年をかけた。10月に美容液「ディセンシーエッセンス」として商品化にこぎ着けた。

 同商品は先行発売で出荷個数が目標比115%超と、順調な滑り出し。同社マーケティング部の浅利晴奈部長は「睡眠不足は誰もが刺さりやすいキーワードで、今の時勢にも合っている」と話す。

 日常生活において睡眠は切っても切り離せない大切な要素で、睡眠に関する悩みは尽きない。15年に機能性表示食品制度が始まり、健康食品における睡眠関連商品は拡大傾向にある。
(文=高島里沙)