[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「正義の味方」だったNYタイムズ、CBSよ、お前もか

 ハリウッド映画界の重鎮プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏によるセクハラ行為を高級誌「ニューヨーカー」が暴露したのは1か月前。同氏がハリウッドを牛耳る「帝王」だっただけに長年噂されながらメディアは手が出せなかった。

 その醜聞をスクープしたのは高級誌「ニューヨーカー」のオンライン。筆者はフリーランス記者。当初NBCに売り込んだがNBCはビビったようだ。

 「ワインスタイン氏がヒラリー・クリントン元国務長官をはじめ民主党実力政治家へ多額の献金をしてきたことが民主党寄りの報道を続けるNBCのニュース判断を誤らせた」(共和党幹部)といった見方も出ている。

 この報道でハリウッドのセクハラ疑惑は堰を切ったように次々と大物プロデューサーや俳優を襲った。

 告発はハリウッドにとどまらず、政界に波及。12月12日に投開票があるアラバマ州の上院補選(ジェフ・セッションズ司法長官就任に伴う空席を埋めるため)の行方にも影響が出ている。

 ところが芸能界、政財界でのセクハラ疑惑追及に血眼になっている米マスコミ界にもセクハラ疑惑が急浮上。「クリーン」を旨とする主要メディアは疑惑の記者たちを即刻解雇せざるを得ない事態に陥っている。

 しかも疑惑の主たちは、怪しげなタブロイド紙の記者ではなく、今を時めくニューヨーク・タイムズのベテラン記者や3大ネットワークのCBSの看板キャスターだというのだから報道を信じてきた一般市民は<ブルータス、お前もか>となるわけだ。

 今後さらに広がるものとみられ、半世紀にわたり放置されてきた男性支配のエスタブリッシュメント、つまりハリウッド、政財界、政界、マスコミ界に当たり前のように存在してきた「男尊女卑体質」に対して世論の厳しい目が向けられるのは必至の情勢だ。

 ちなみにニューヨーク・タイムズで問題視されているのは、ドナルド・トランプ政権批判の急先鋒だったグレン・スラッシュ氏(50)。

 MSNBCにもレギュラー出演するなど寵児的存在だったが、セクハラ行為発覚と同時に解雇された。

 CBSでは、朝ニュース番組「This Morning」のアンカーマンを長年務めてきたチャールズ・ローズ氏(75)。これまでに8人の女性に対しセクハラ行為を働いていたことが判明、CBSは同氏を解雇した。

 そのほか、セクハラで告発を受けている著名なジャーナリストは、NBCのマシュー・ゼマーマン、公共放送NPRのマイケル・オレスケス、「ニュー・リパブリック」のハミルトン・フィッシュ、「アトランティック」のレオン・ウィセルター、VOXのハート・スティール、傘下のマーク・ハルペリン各氏ら8人。

 それぞれ10年から50年前に職場で知り合ったり、一緒に仕事をしたりしていた若い女性にキスをしたり、体を触ったりしていた容疑が持たれ、それぞれ「古傷」を認めている。

 ジョージ・ワシントン大学のスティーブン・リビングストン教授(マスコミ論)は、一連の動きをこう見ている。

 「男性支配のマスコミ業界で女性たちは生き抜く道はただ1つ」

 「誰を番組に起用するか、何を主要な報道ポストに配置するか、生殺与奪の権限を持つのはプロデューサーやデレクターである男性上司」

 「その点では、ハリウッドも政財界も同じ。セクハラ告発の火の手がマスコミに向かうのは当然の流れだ」

テレビ報道を支えた3大ネットの
「ジェニング・ブロコウ・ラザー」

 著名人に対するセクハラ告発が広がる中、かってテレビ報道の黄金時代をリードしたアンカーマンがこのほど新著を出した。CBSの夕方のニュース番組のアンカーマンを務めたダン・ラザー氏(86)だ。

 P・ジェニングス(ABC)、T・ブロコウ(NBC)とともにウォーターゲート事件やベトナム戦争などの報道を手がけたレジェンド的ジャーナリストだ。

 タイトルは、『What Unites US: Reflection on Patriotism(われわれを団結させているもの:愛国心について思うこと)』。

 ラザーと言えば、2004年の大統領選中に現職大統領、ジョージ・W・ブッシュ氏(子)の軍歴詐称をスクープし、大反響を呼んだジャーナリスト。

 ところが詐称の証拠とされた文書が偽造されたものであることが判明。社外調査の結果、報道内容が公正さと正確さを欠いていたと結論づけられ、報道部門の幹部4人が解雇され、ラザーも事実上の降板に追い込まれた。そして表舞台から姿を消した。

 その後ケーブルテレビのニュース番組のアンカーマンを細々とやりながらフェイスブックでリベラルな持論を発信していた。アクセス数は数百万件になっている。特にミレニアム世代の超人気者になっている。

「2017年、米国は史上最大の危機に直面している」

What Unites Us: Reflections on Patriotism By Dan Rather & Elliot Kirschner Algonquin Books of Chapel Hill, 2017


 本書は駆け足記者だった頃の思い出に始まる。

 そしてワシントンでの政治記者時代、テレビ報道の「中興の祖」ウォルター・クロンカイト氏の後釜としてCBSの「Evening News」のアンカーマン兼編集長として活躍した栄光の日々を振り返っている。

 公民権運動、ウォーターゲート事件、ベトナム戦争・・・米現代史の目撃者として報道を続ける中で、常に考えいたのは「アメリカ合衆国とは何か」ということだった。

 過去を振り返りながら今の米国をこう見ている。

 「米国はこれまでに何度となく危機に直面してきた。直感的なのだが、私は大波を受けて動揺する米国を報道すればするほど、この国が好きになった」

 「米国という国は苦難を真正面から受け止め、そして前に進む。たとえ国論が二分していようと、政治的機能障害にあろうとも、必ずその流れを変え、逆転させるパワーを兼ね備えているのだ」

 「米メディアは様々な状況に直面してきた。しかし2017年の現在、『報道の自由』を守る制度・慣例(Institution)がかつてなかったような危機に直面している。私たちは今、不穏で無秩序な時代に生きている」

 「今、米国民はどこからニュースを得ているのか。容赦なく、読者、視聴者に飛び込んでくる『フェイクニュース』というナンセンスな代物は世論形成にどの程度影響を与えているのか。私は憂いている」

「国家の基盤は愛国心以外にない」

 「それでは私たちはどう対処すべきか。私は米国という国家の基盤として存在し続けている『根本的な理念』に対する私の認識を皆さんと分かち合いたい。『それは愛国心(Patriotism)』だ」

 「国を分裂させるための道具(Divisive cudgel)としてではなく、共通の目的(Common purpose)としての愛国心だ」

 「真の愛国心とは、私たちの国が犯している罪に目をつぶるのではなく、その罪に対し実直にチャレンジし、変えさせ、そして国家を前進させる原動力なのだ」

 行間にはトランプ大統領の推し進める政治への危機感と憤りがほとばしっている。だが、本書には「トランプ」を名指しで批判した個所は一行も出てこない。「トランプ」の「ト」の字も出てこない。

 出版後、応じたインタビューでラザー氏は、その点を聞かれてこう答えている。

 「トランプ大統領を批判した本はたくさん出ている。私としては、この本が新たに名乗りを上げた『トランプ嫌い』によって書かれた本とは思われたくなかった」

 「私は現政権の政治理念や政策に焦点を当てたかった。真の愛国心は何かというメッセージをトランプ氏を支持している人たちにも伝えたかった」

 インタビュアーが「トランプ大統領にも読んでもらいたいか」と尋ねられると、ラザー氏は一言、「私の受けた印象では彼はあまり本を読まない人らしいから・・・」。

 本書では抑えに抑えていた痛烈なトランプ批判が口をついて出た(参考=
https://www.forbes.com/sites/markjoyella/20)。

 本の表紙(の裏面)には、取材メモを手にしたトレンチコート姿のラザー氏の写真が載っている。最後まで現場主義を貫いてきたラザー氏のジャーナリスト人生を象徴した写真だ。

筆者:高濱 賛