冷え性に効果的な「ごぼうのポタージュ」。風味と栄養を逃がさないアク抜き方法も

写真拡大 (全12枚)

ごぼうの旬は10〜12月と3〜5月。食物繊維が豊富なごぼう。そのほかにもオリゴ糖、カルシウム、カリウム、葉酸などが含まれる。皮にはポリフェノールが含まれているので、たわしでさっと泥を洗い流す程度でOK。

切った後は水にさらすのが一般的だが、水にさらさない方がごぼうの風味や栄養を損なわない。長く水に漬けると、ポリフェノールや水溶性の食物繊維が流れて出てしまうのだ。切ってすぐに切り口が黒くなるようなら、アクが強すぎて、えぐみを感じるかもしれない。その場合は10秒ほど水にさらし、すぐにザルに上げると、風味を逃がさずにアク抜きができる。

今回ご紹介するレシピは、なるべく皮を残してごぼうのおいしさをいかした「ごぼうのポタージュ」だ。味のポイントはナツメグ。ナツメグには体を温める効果があるので、冷え性にも効果的で、ごぼうの風味を引き立ててくれる。

『ごぼうのポタージュのレシピ』



材料(2人分)


・ごぼう(120g)
・たまねぎ(1/2個)
・じゃがいも(小1個)
・バター(5g)
・水(200cc)
・豆乳または牛乳(150奸
・生クリーム(50奸∪献リームがない場合は豆乳または牛乳を200佞OK)
・ローリエ(1枚)
・ナツメグ(少々)
・塩(少々)
・ブラックペッパー(少々)


作り方



STEP1


ごぼうは洗い、包丁の背で皮をこそげとり斜め薄切りに、たまねぎは繊維に垂直に薄切り、じゃがいもは薄切りにして半分に切る。

STEP2






フライパンにバターを入れて火にかけ、たまねぎをしんなりするまで炒め、ごぼうを加える。

STEP3







全体が馴染んだら、じゃがいも、水、ローリエを加えて蓋をし、じゃがいもが柔らかくなるまで弱めの中火で煮る。途中でアクが出たら取り除こう。

STEP4




火から下ろし粗熱を取り、ローリエを取り出し、ミキサーに豆乳(または牛乳)、生クリームと共に入れ、撹拌する。

STEP5





ザルで濾し鍋に入れ、軽く温め、塩、ブラックペッパー、ナツメグで調味する。



食物繊維が豊富でデトックス効果もあるごぼうで作る『ごぼうのポタージュ』で、身体が温めよう。