案内係は全員、乗組員(=従業員)。顔を隠したほうがいいですか、と念のため聞いたら、「そうですね」とボードで顔を隠した(記者撮影)

11月26日の日曜日。約400人の株主が集まり、「ほぼ日」の株主総会が開かれた。今年3月にジャスダックに上場、8月本決算のほぼ日にとって、上場後初の株主総会だった。

「なるべく多くの個人株主に直接会いたい」という糸井重里代表の強い意思を反映し、会社勤めでも足を運べそうな日曜日にあえて開催。ほぼ日の株主は計1783人だから、2割強の株主が糸井代表に呼応したことになる。

会場は神宮球場と道路を挟んで向かい合う日本青年館。当日は行楽日和で、近隣の銀杏並木は紅葉目当ての見物客でごった返していた。青年館の本会場と2つの中継会場では足らず、同じ通り沿いにあるほぼ日の本社にも、中継会場が2カ所設けられた。

のっけから糸井代表の「個性」全開

総会は定刻通り10時10分から開始。糸井代表が議長を務め、両脇をCFO(最高財務責任者)の篠田真貴子氏と、社外取締役で遊技機の企画・開発・販売会社、フィールズ創業会長の山本英俊氏が固めた。


違う資料を持っていると糸井代表に指摘する篠田CFO(モニター画面を記者撮影)

糸井代表は手元の紙を「まずは代表取締役どうぞ」と棒読み。読む紙の順番を平気で間違えて隣の篠田氏に指摘されるなど、「物事を型どおりに進めるのが体質的に不得手」と自称する「個性」がのっけから全開だった。

糸井代表による事業報告と議案説明の後、質疑応答が始まった。質問に立った株主は7人。糸井代表が雄弁になったのは、従業員育成に関する質問があったときだ。

糸井代表は「開かれた会社でありたいと思っている」と切り出し、「今日もほぼ日の乗組員(=従業員)全員で株主をお迎えしている。案内に立っている者など皆、乗組員だ」と話を展開した。


「生活のたのしみ展」の様子を写真で説明するコーナー。限定グッズも販売されていた(記者撮影)

そして引き合いに出したのは、11月から六本木ヒルズの屋外で開催している期間限定の実店舗「生活のたのしみ展」だ。

「急遽アルバイトが50人必要になった。募集したら300人応募があった。仕事を休んででも来たいと言う。そこで全員面接した。そうしたら全員よかった。ほぼ日の行動指針を見事によくわかっている。それで150人採用した。皆、大活躍をしてくれた。コーチングのプロ、レジ打ちのプロ、イベントの経験者らが、内側からほぼ日に接したかったのだと集まってきてくれた。それで『楽しそうでいいね』と言われるイベントになった」と例示。「そういう組織(=目を輝かせて楽しく仕事をする組織)がいい具合に出来上がってきているな、と思っている」と糸井代表は目を輝かせた。

目標株価については「発言を遠慮する」

別の株主が今後の株価目標を聞くと、糸井代表は「そういう目標を立てるような考え方で経営していないので発言を遠慮する」ときっぱり。株主が「(総会に)緊張感がないよ」と続けると、「緊張感はあるが、こういう個性なのです」と応じた。


新発売の「ほぼ日5年手帳」。同じ月日に5年分の行が並ぶ(記者撮影)

1948年11月10日生まれの糸井代表は、現在69歳。今後どこまで経営に携わるのかという質問には、「私がいなくなると会社の個性が変わるかもしれないが、面白い会社であるという点は残る」とした。さらに今後の経営方針について聞かれると、糸井代表は「一番良い部分を伸ばしていく。株価や売上高を目標にするとずれてしまう(から目標にしない)。世界的な企業になるのだと言わずして世界的になるのが一番いいことなので。言わないからといって拡大や成長をしたくないわけではない」と糸井流の言い回しで応じた。

その後議案を賛成多数で可決。新任取締役の河野通和氏(中央公論社出身。新潮社の元「考える人」編集長)や新任社外取締役の塚越隆行氏(ウォルト・ディズニー・ジャパンの元エグゼクティブ・プロデューサーで円谷プロダクション社長)を紹介し、上場後初めての株主総会は1時間足らずで終わった。

2時間のランチタイムを挟み、午後1時からは岩井克人・東京大学名誉教授の講演会を開催。糸井代表は岩井氏の著書『会社は誰のものか』(2005年、平凡社刊)に感銘を受けて上場するに至ったと持ち上げ、岩井教授は「講演は基本的に断っているが、ほぼ日は自分が考えている(理想的な)会社の代表と思っている」と二つ返事で受けた経緯を説明。そして「会社は株主のものではない。株主はご主人様ではない」と持論を展開した。

「八百屋の店主が店頭のリンゴを食べても何も起こらないが、百貨店の株主が店頭のリンゴを食べればお縄になってしまう」という例から、自営業の所有者と株式会社の所有者が違うことを説明。中世のキリスト教の教会に遡り、法人がモノとヒトの両面を持つに至った経緯を解き明かした。


早口で熱くまくしたてる岩井教授。最近は経済学の新理論構築に専念。寝ても覚めても数式で頭がいっぱいなのだとか(記者撮影)

モノとしてのみ法人を見れば「会社は株主のモノ」だが、ヒトの側面を見れば「会社はヒトであって株主のモノではない」と論理展開。「株式会社になるということは社会的存在になることであり、社会性を極限にまで広げたのが上場企業だ」と解説した。

「『利益を追求しない』と言っている会社が最も利益を上げているのが今の世の中だ」とも指摘。「米グーグルは資本主義的でないことを旗印としている。お金で買えないものを提供すると言っている」(岩井教授)。

「利益を追求しない点でほぼ日はグーグルと同じ」と持ち上げる一方で、「改めて勉強してみたが、ほぼ日という会社の社会的使命はどうもはっきりしない」とピシャリ。「そんな変な会社の株主は何をすべきか。外部の目で刺激を与えるのが株主の使命」として講演を閉じた。

その後「コンテンツについての座談会」「糸井、篠田、ほぼ日乗組員の質問会」と続き、「株主ミーティング」は午後6時半に閉場となった。

「上場して道幅が広くなった」

糸井代表の無手勝流ぶりは、総会と講演の間の囲み取材でも存分に発揮された。今回の囲み取材は、総会本会場の上階にある宿泊施設のツインルームで、集まった4人の記者が2台のベッドに座り、糸井代表が椅子に座って対応するという異例のスタイルで行われた。


総会のお土産は、12月から本格販売するアースボール。ビーチボールタイプの地球儀だが、四角い箱に空気を抜いて入っていた(記者撮影)

印象的だったのは上場のメリットについて聞かれた時の受け答えだ。糸井代表は「交通量が増えた。道幅が広くなった」と即答。「上場前はくねくねした山道をいっぱい知っていた。(それで重要な人とつながっていたが)上場してみたら幹線道路ができていた。上場前は『どうせ趣味でやっているのでしょ。いつか飽きてしまうのでは』という目で見られていたが、上場すると『本気でやっていると信じていいのですね』と思われるようになった」と独特の言葉で表現。

「たとえばジャパネットたかたの高田明さんと話をしても、上場前だと趣味人がインタビューしているような感じになる。ところが『これ、うちに売らしてくれませんか』とBtoBの取引を真剣に考えてもらえるようになった」(糸井代表)。

ほぼ日の初めての「株主ミーティング」。囲み取材で「株を買う人は『従業員の目が生き生きしているか』かなんて無視。株を買う人は『誰がやっても儲かるビジネスモデル』に着目するが、実はそうじゃない。同じビジネスモデルなら従業員が目を輝かせて自由な発想をしている会社が伸びる」と語っているのが印象的だった。