「ほぼ日のアースボール」(画像: ほぼ日の発表資料より)

写真拡大

 ほぼ日はスマートフォンなどで情報収集ができる地球儀「ほぼ日のアースボール」を12月1日に発売すると発表した。価格は5,940円(税込)で、ARアプリケーションはiOS9以上、Android4.4以上に対応している。ほぼ日ストア、TOBICHI、ロフト、東急ハンズ、博品館、Amazonなどで購入が可能だ。

【こちらも】「ほぼ日手帳2018」新作全79種発売

■AR技術を搭載、スマホで世界の情報や昼夜の地球の様子を再現

 「ほぼ日のアースボール」の最大の特徴はスマホやタブレットと連携している点だ。専用アプリをインストールし地球儀にスマホをかざすと世界各国の動画や写真、説明などを見ることができる。表示される情報は、例えば「世界の国々」編の場合はスマホ画面に国旗を表示させたり、その国旗をタップすると詳細な国の情報が現れたりする。

 ほかにも「昼の地球と夜の地球」編では昼と夜で地球がどのように見えるのかを試すことができ、「恐竜」編では恐竜が世界のどこにいたのかを確認できる。また、動画では「せかいをはっけん!NHKの映像セレクション」と題して「シリーズ世界遺産100」「はろ〜!あにまる」「世界ふれあい街歩き」「岩合光昭の世界ネコ歩き」の4番組をARで視聴可能だ。

 ほぼ日のアースボールのサイズは直径約27cm、重量80g。本体地図データの縮尺は1:47,650,000、地勢タイプ(標高差による色分け)。制作協力に凸版印刷、NHKエンタープライズ、小学館の図鑑NEO、平凡社地図出版、Koozyt、amana。正式販売は12月1日を予定。アプリは今後も内容を随時アップデートしていくとのこと。