石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香ら個性派キャストの出演が決定した

写真拡大

2018年1月にスタートする吉岡里帆主演のTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」に、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香らが出演することが決定した。

【写真を見る】役に合わせて約20cm髪を切ったという吉岡里帆

自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)(吉岡)が、対照的な二人の間で揺れ動くさまを描いていく本作。誰にでも厳しい言葉を掛けるがその裏には優しさが溢れている吉崎幸次郎を桐谷健太が、一見爽やかなイケメンだが裏の顔を持つ冷酷な星名漣を向井理がそれぞれ演じる。

恋愛要素はもちろんだが、ランジェリーメーカーで働く今日子の仕事に向き合う姿も見どころとなっている。下着に使われる材料を調達・選別する部署で働く今日子は、普段はオドオドとしてしまうものの、生地などの素材を目の前にすると人が変わったようにきびきびと動き始める。

今回発表されたキャストは、今日子の仕事面で大きく関わっていく。石橋が演じるのは今日子と同じ材料課に在籍し、社内での評価が今日子より高い同期社員・飯田彩香。

ムロ演じるスズキ次郎は、桐谷演じる漫画編集者の吉崎が担当する漫画家で、自身の漫画の取材のために今日子が務める会社に訪れることもあるという役どころだ。

また、関西出身の鈴木が演じるのはデザイナーとしての能力が高く、関西弁で厳しい意見を言う八木泉。八木の同期でデザイナーとしてのライバルでもあり、今日子の能力を認める先輩・堀田麻衣子は瀬戸が演じる。

4人の演じるキャラクターは、仕事面だけではなく、星名にアプローチを掛けるなど、今日子らの恋愛面にも大きく関わる。複雑な三角関係をさらにかき乱す追加キャストにも期待が高まる。(ザテレビジョン)