iOS11を搭載したiPhoneやiPadでYouTubeアプリを使って動画を再生すると、驚くほどの速度でバッテリーを消費するバグが指摘されていましたが、アップデートによってその問題が修正された模様です。

バージョン12.45で問題解決

Googleは現地時間11月27日に、YouTubeアプリをバージョン12.45へとアップデートしました。最新版ではバッテリー問題が修正されたことが明記されています。
 
動画を再生するという性質上、YouTubeアプリはほかのアプリと比べバッテリー消費量が多いのはある程度仕方のないことですが、iOS11がリリースされて以来、消費量が著しく増えたとの指摘が相次いでいました。

Googleも2週間前より問題を認識

Googleもこの問題を認識しており、11月12日にはYouTubeの公式アカウントが「現在取り組んでいる」とツイートしています。
 

 
ユーザーからは、iPhone XでYouTube動画を30分再生するとバッテリーが20%も減る」「15分の再生で10%も減り、iPhone本体が明らかに熱くなった」などの報告がありました。
 
iOSデバイスでYouTube動画を視聴する方は、できるだけ早くYouTubeアプリを最新版にアップデートすることをお勧めします。
 

YouTube
カテゴリ:写真/ビデオ
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ