吉岡里帆の初主演ドラマに石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香が出演

写真拡大

吉岡里帆が桐谷健太、向井理と三角関係の役を演じることで話題の新ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、毎週火曜22:00〜、2018年1月スタート)に、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香といった豪華俳優陣が出演することがわかった。

本作は、「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の天堂きりんによる人気コミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」が原作。自己評価が極めて低いがために、他人の前で挙動不審になってしまう主人公が、対照的な魅力を持つ2人の男性の間で揺れ動く様を描いていく。

本作で連続ドラマ初主演を果たす吉岡が演じるのは、ランジェリーメーカーで下着に使われる材料を調達・選別する部署に勤務する主人公の小川今日子(通称:キョドコ)。誰に対しても遠慮なく厳しい言葉を投げかけるが、その裏には優しさ・誠実さが溢れる“いい男”である吉崎幸次郎役に桐谷が。自信が持てないキョドコを初めて受け入れた人物だが、実は度を越えた冷酷な命令を下していたという裏の顔を持つ大学時代の先輩・星名漣(れん)役に向井が、それぞれ決定している。

今回発表された4人は、今日子と同じ材料課に関わる面々の役だ。女優業だけではなくコント番組への挑戦経験もある石橋は、社内での評価が今日子より高い同期社員・飯田彩香役。強烈な印象を残す演技で数々のドラマや映画で活躍を続けるムロは、漫画編集者である吉崎が担当する漫画家で、自身の漫画に活かすため今日子の会社に取材に訪れることもある、ユーモラスな人物・スズキ次郎役。関西出身でタレント・歌手として活躍する一方、今年7月にはスペイン・マドリード国際映画祭で「最優秀外国映画主演女優賞」を受賞するなど、女優としての活躍の場を広げている鈴木が、デザイナーとしての能力が高く、関西弁で厳しい意見を言う八木泉役。途切れることなく作品への出演を続ける瀬戸が、八木の同期でデザイナーとしてのライバルでもあり、今日子を可愛がる姉後肌の先輩・堀田麻衣子役を、それぞれ演じる。

4人が演じる役は、仕事面だけではなく、星名にアプローチをかけるなど、今日子たちの恋愛面においても大きな役割を果たし、ただでさえ複雑な三角関係をさらにかき乱していく果たして、今日子は自分を変えて幸せを掴むことができるのか。それとも……?