レオナルド・ダヴィンチの幻の絵が510億円で落札。ゴッホの「ひまわり」が日本で50億円以上の高値で落札されたのはいつだっただろうか(写真:Abaca/アフロ)

株高に沸いた11月もそろそろ終了。株は「かなりの高値圏にある」と感じているカリスマ投資家の内田衛氏は、保有銘柄の動向をウォッチしながら、割安感のある日本郵政をすこしばかり買っていたものの、値下がりしてしまった。大手新聞や財務省への恨み節を口にしていると、海の向こうではまたもや「バブルのサイン」が。カリスマ投資家は今後の相場をどう考えているのか。いつものように「投資日記」で振り返ってみよう。

12月13日上場のSGホールディングス株は「買い」?


この連載の一覧はコチラ

【11月6日 月曜日】大和証券の担当者から電話で、佐川急便を中核会社とするSGホールディングス(9143)の新規上場が決まったと連絡があった。まだ、売り出し価格や上場市場などの仮条件は決まっていないが、上場日は12月13日で、大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券がそれぞれ37.75%、SMBC日興証券が10%、野村證券が5%の配分だそうだ。売り出し価格にもよるが、少し買ってみようかな。日経平均株価は、3日続伸で9円高の2万2548円。

【11月7日 火曜日】日経225先物は、30円安の2万2570円、NYダウは、9ドル高の2万3548ドル。日経平均は、389円高の2万2937円と4日続伸で、平成バブル後戻り高値を更新し、なんと25年10カ月ぶりの高値となった。

【11月8日 水曜日】日経225先物は、150円安の2万2840円、NYダウは、8ドル高の2万3557ドル。

昨日、優待保有銘柄で、2017年12月期第3四半期決算を発表した藤田観光(9722)が、205円安(5.48%)の3535円と大幅安。売上高は、508億4900万円と2.9%増、営業利益、経常利益共にプラス転換、純利益も8億2500万円(1株当り利益は、68.85円)となったのに大幅安するなんて、決算が良くても悪くても、決算発表が終わると下がることもある。

また、優待目的保有で、カタログ通販準大手のスクロール(8005)が、26円高の479円と年初来高値を更新。引け後、オエノンホールディングス(2533)の2017年12月期第3四半期決算は、売上高は、558億5700万円と1.9%減、チューハイの売上高が前年同期比84.8%と落ち込みがきつい。しかし、通期予想は、12月期末配当7円、純利益9億5000万円、1株当り15.72円を計画している。

日経平均は、5日ぶり小反落し23円安の2万2913円。9月の景気動向指数「改善」で景気拡大、「いざなぎ超え」を確認。いざなぎ景気とは、1965年(昭和40年)11月から1970年(昭和45年)7月までの57カ月間続いた高度経済成長時代の好景気の通称だそうだ。

全体相場下落の局面で、リートを1口約定

【11月9日 木曜日】日経225先物は、20円高の2万2960円、NYダウは、6ドル高の2万3563ドル。日経平均は、75円高で寄付き、11時28分には、468円高の高値を付け年初来高値を更新したが、その後急落。大引けでは、45円安の2万2868円と下げに転じてしまった。高安860円と乱高下相場となった。

今日は、先物・オプションの最終売買日(いわゆる「マイナーSQ」)なので、乱高下相場は、その影響か? チャート的には、大きな上ヒゲと東証1部売買高27億4700万株、4兆9900億円と大商いし、当面の天井を付けたのではないか。14時40分、トーセイ・リート(3451)を10万4400円で10口買い注文を出し、1口約定。

【11月10日 金曜日】日経225先物は、320円安の2万2580円、NYダウは、101ドル安の2万3461ドルと8日ぶり反落。米、税制改革の不透明感を嫌気し反落。優待目的保有のJR九州(9142)は、通期業績上方修正したのに、20円安の3610円と下げる。日経平均は、一時、350円安まであったが、187円安の2万2681円と3日続落。

【11月11日 土曜日】日経225先物は、30円安の2万2490円、NYダウは、39ドル安の2万3422ドル。1ドル113.55円、1ユーロは132.48円。

【11月13日 月曜日】先週末、好決算を発表した、優待目的保有でコーヒー主力の老舗輸入商社の石光商事(2750)が、22円高の460円と反発。トーセイ・リートは、400円高の10万5500円と逆行高。日経平均は、300円安の2万2380円と大幅4日続落。

18時11分、日経速報メールで、「日経スクープ、郵政株、最後の売り出し1兆円、財務省18年度方針」と報道。なんでこんなニュースがでるのかな? 9月25日に日本郵政株を売り、1兆2000億円も東日本大震災の復興資金を得ているのに、それから1月半しか経っていないのに「また来年売ります」なんていったら、誰が考えたって株価が下がるに決まっているじゃないですか。

財務省は、そんなに株価を下げたいのか、安く売りたいのかわからないが、過去のNTTやJT、JR各社の売り出しでもこんなにすぐに次を売り出すなんていうことは、一度もなかったと思う。今回は2回目の売り出しだったが、今回がうまく行かなければ、3回目の公募売り出しの申込者は減るだろう。

BS11の総会へ。配当に不満の株主が結構多いようだ

【11月14日 火曜日】日経225先物は、120円高の2万2400円、NYダウは、17ドル高の2万3439ドル。ビックカメラ(3048)子会社の日本BS放送(9414)の株主総会出席のため、東京大手町の日経ホールへ行く。

総会は、昨年に続き2回目の出席。社長は入院のため、欠席であったが、2週間程度で退院できるとのこと。質疑応答では、番組の視聴者が多い様で、韓流ドラマが多いなど放送番組についての質問が多かった。


BS11の株主総会のおみやげは、オリジナルハンドタオルだった(筆者撮影)

配当についての質問で、年1回8月期末配当18円は、1株当り利益85.27円からすると2割程度となり、平均の2.5割〜3割と比べて少ないのではないか?との回答は、これから4Kや8Kの対応をしていくので、その準備をしたいということだった。

また、今期は19円配当予想と1円増配予定。11時39分終了。昨年は、おみやげはなかったが、今年は開局10周年だからか、オリジナルハンドタオルが入っていた。

ここの株主優待は、100株保有で年2回、ビックカメラの商品券1000円で、1年以上継続保有でプラス1000円(8月末)。ビックカメラやコジマの株主優待券は、有効期限があるけど、商品券は有効期限がないのが魅力的。本日の終値は、5円安の1260円。日本郵政(6178)の終値は、27円安の1270円と9月5日に付けた1272円を下回り、年初来安値を更新。日経平均は、0.98円安の2万2380円と5日続落。

【11月15日 水曜日】日経225先物は、120円安の2万2310円。NYダウは、30ドル安の2万3409ドル。

優待目的保有のワタミ(7522)が4期振り黒字化報道で、110円高(7.7%)の1538円と大幅高。日本郵政は、16円安の1254円。日経平均は、351円安の2万2028円と6日続落。過去最高の16連騰したあとだけど、株価の方向性が直線的だな。

【11月16日 木曜日】日経225先物は、60円高の2万2100円、NYダウは138ドル安の2万3271ドル。

この大相場で、年初来安値更新中の日本郵政を寄付き1255円で1万株買う。しかし、下げ止まらず、22円安の1232円まで下げる場面があったが、大引けでは、9円安の1245円と戻したが、買値まで戻らず。配当利回り4%水準の1250円でも十分買えたな。日経平均は、322円高の2万2351円と7日ぶり反発。

ビックカメラ(3048)の株主総会出席の為、板橋区立文化会館へ行く。連続8回目。前期の業績は、過去最高益で今期予想も増収増益で過去最高利益を更新予定。インバウンドは、爆買いが減り、客単価は減っているが、数量増でカバー。インターネット通販は、2年間で利用客数は、4.3倍となっており、非家電分野(ドラッグストア、化粧品、お酒、おみやげ)の売上が伸びているそうだ。本日の株価は、13円高の1382円。

バブルの最終局面で見られるサインが市場に出てきた

【11月17日 金曜日】日経225先物は、180円高の2万2590円、NYダウは187ドル高の2万3458ドル。

優待保有銘柄のオエノンホールディングス(2533)は、9円高の344円と年初来高値を更新。日経平均は、45円高の2万2396円と続伸で引けたが、10時02分には、406円高まであったのに、14時32分には、32円安と乱高下し、振り回されている感じ。

【11月18日 土曜日】日経225先物は、140円安の2万2310円、NYダウは、100ドル安の2万3358ドル。1ドル112.09円、1ユーロ132.16円。

日本の株式市場は、バブルとはいえないが、今年の年初、15万円程度だった仮想通過のビットコインは、ついに1BTC(ビットコイン)90万円台を付けた。また16日、NYで競売にかけられたレオナルド・ダヴィンチの幻の絵が、史上最高約510億円(手数料など含む、4億5030万ドル)で落札されたりと、一部のマーケットは、明らかにバブル化している。

思えば、ゴッホのひまわりが日本で高額で落札されたのは1987年3月だったらしいが、美術品や絵画がバブル化するのは、バブルの最終局面にみられるサインと見ている。今のところ、来年の春頃までには、株主優待銘柄を除き、株式ポジションを大きく減らし、キャッシュ化しようかと考えている。