つま先に亀裂のゴンサロ・ゲデス、3〜4週間の離脱

写真拡大

▽バレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスが3〜4週間離脱するようだ。スペイン『Movistar』が報じている。

▽ゴンサロ・ゲデスは26日に行われたリーガエスパニョーラ第13節バルセロナ戦でフル出場していた。しかし、バレンシアのゼネラル・マネージャーを務めるマテウ・アレマニー氏によると、ゴンサロ・ゲデスはつま先に小さな亀裂があり、現状で回復に努めれば3〜4週間の離脱で済むものの、完全に骨折すれば2カ月は離脱することになるという。その診断を受けてゴンサロ・ゲデスは戦列を離れることを決断したようだ。

▽今季、パリ・サンジェルマンからレンタルで加入しているウインガーのゴンサロ・ゲデスは、今季ここまでリーガ11試合に出場して3ゴール5アシストをマーク。2位と躍進しているバレンシアの主軸として活躍していた。

▽なお、バレンシアの年内のリーガの対戦相手はヘタフェ、セルタ、エイバル、ビジャレアルとなっている。