中国が誇る古代中国の四大発明は印刷、製紙、羅針盤、火薬だが、最近新しく「中国の新四大発明」として登場したのは高速鉄道、アリペイ(モバイル決済)、シェア自転車、インターネット通販だ。

■高速鉄道

営業距離2万2000キロメートルを超える世界最長の鉄道ネットワークである中国高速鉄道。2008年から2016年までの中国高速鉄道利用者数が累計延べ50億人を突破したことを聞いたところでもはや驚きはしない。

■モバイル決済

中国のモバイル決済及び第三者決済の急速な発展により、中国はまもなく「キャッシュレス時代」に突入する。外出時は現金を持つ必要は一切なく、タクシーから食事、電気代、カラオケ、シェア自転車と何をするにしても、モバイル決済1つで済ませることができる。スーパーで買い物をする時も、スマホでQRコードをスキャンするだけで支払いを完了することができる。

■シェア自転車

中国には30社以上のシェア自転車会社が存在し、毎日延べ100万人以上の人々が利用するエコで便利な新しい交通手段。短距離の移動に便利な交通手段であるシェア自転車は、すでに人々にとってなくてはならない存在となっている。しかも1回の利用はたったの1元(約17円)。このような中国の革新的なビジネスモデルは、GPSテクノロジーを活用しており、これまでこれほどシンプルな操作で自転車をレンタルできるサービスはなかった。

■インターネット通販

中国のインターネット通販と物流業界は驚異的なスピードで発展を遂げている。現在約7億3100万人のネットユーザーを抱えており、インターネットが中国経済の発展を推し進めたと言っても過言ではない。2016年、中国ネット通販の小売売上高は約26.2%増で、その取引額は約5億1600万元(約88億円)だった。今や、欲しいものはすべてネット上で購入可能だ。さらに、購入した商品の多くは24時間以内に手元に届く。生鮮食品から衣服、電気製品、フィットネス機材といった商品から、無駄な買い物までありとあらゆるものをネット通販とスピーディーな物流会社の対応により、いつでもどこでも楽々ショッピングできるようになった。今では、オフィスで仕事中に物流会社から荷物が届いたという電話がかかり、下まで受け取りに降りていくことは特に珍しくもない。しかもそれに気付いた同僚たちから次々と荷物の受け取りを頼まれることも日常茶飯事となっている。(提供/人民網日本語版・編集/TK)