ショーで活躍する忍者たち(提供=日本忍者協議会)

写真拡大

 国内外を問わず、忍者ブームが続いている。観光地や自治体では、忍者ブームを町おこしに活用するケースも増えている。

 火付け役は、訪日外国人観光客だ。外国人の約6割が「現在も忍者がいると信じている」というデータもあり、熱狂的な忍者ファンの多いアメリカからは、「今でも多数の忍者が存在している」「本格的なトレーニングを受けて忍者になりたい」などの声もあるという。

 しかし、ブームの陰で問題も噴出している。ショーで殺陣やアトラクションを演じる忍者の絶対数が不足しているのだ。ブームによる需要の高まりを受けて各地で忍者不足が深刻化しており、数少ない忍者の“争奪戦”になっているという。

 空前の忍者ブームの行く末はいかに。世界唯一の忍者の公式組織「日本忍者協議会」の立石邦博事務局長に、忍者ブームの実態や観光への活用法、忍者の歴史などについて聞いた。

●外国人の6割が「現在も忍者がいる」と回答

――近年、訪日外国人の忍者への関心があらためて高まっています。この現状をどう見ていますか。

立石邦博氏(以下、立石) 2017年3月に日本忍者協議会が実施した「忍者グローバル調査」によると、外国人の約6割は「現在も忍者がいる」と信じています。

 特に忍者への関心が高い国は、アメリカ、タイ、インドネシア、マレーシアです。なかでも、アメリカとタイは忍者観光のポテンシャルがもっとも高い。忍者体験を通じて、忍者に対する関心がより深まることが期待されます。アメリカの方は知識も豊富なので、忍者を観光資源として活用する際は“本物感”が大切になるでしょう。

 興味深いのは、アメリカ人の約4割が「今でも多数の忍者が存在している」「本格的なトレーニングを受けて忍者になりたい」と言っていることです。忍者は地方創生にも活用することができ、有力な観光資源として注目を浴びています。

――観光資源としては、どのような活用法があるのでしょうか。また、経済効果についてはいかがでしょうか。

立石 全国の観光地や自治体では忍者に関連するイベントなどを行っていますが、忍者単体で人を呼び込むのは難しいです。たとえば、忍者以外に「桜」「神社仏閣」「城」「温泉」といった観光名所やグルメなど、さまざまな要素を複合させることが必要です。それに加えて「忍者に会える」という要素が、人を惹きつけることになります。

 たとえば、神奈川県小田原市には小田原城があり、北条氏ゆかりの神社仏閣、かまぼこなどの海産物グルメ、周辺には伊豆や箱根などの温泉地もあります。そこに忍者も登場させることで、より有力な観光地になることができる。忍者は、そういうポテンシャルを秘めているということです。より多くの観光要素があればあるほど、人を多く呼び込めます。それは、どの地域も同じです。

 そこで、忍者がどの程度の経済効果をもたらすか。まだ明確な数字を出すのは難しいですが、決して無視できない数字になると考えています。

●海外でも伊賀と甲賀の認知度は高い

――観光地では、殺陣やアトラクションができる忍者を募集しています。忍者不足が伝えられていますが、どう考えていますか。

立石 もともと、殺陣やアトラクションができる忍者は一定数おり、減少しているわけではありません。忍者関連の施設も同様です。

 ただ、訪日外国人の忍者に対する関心が高く、各観光地は人を呼び込むために忍者を必要とする。需要過多で供給が追いつかないため、忍者不足になってしまったのです。

 忍者に対する関心がまだ薄い中国や韓国などで本格的な忍者ブームが起きれば、さらに需要は高まります。すでに観光資源としてのポテンシャルが高い忍者ですが、潜在的な需要もまだまだあると考えています。

――忍者になりたい人も少なくないそうですが、どうすれば忍者になれるのでしょうか。

立石 日本忍者協議会として特別な定義はしていません。忍者ショーで舞台に立っている方は、東京、大阪、京都のアクション系のプロダクションで学んだ方が多いです。

 また、個人で「私は独自で修行したから忍者だ」という方に対して、「それは違います」と言うこともありません。なので、忍者の数について細かく把握はしていません。

――忍者といえば伊賀と甲賀が有名ですが、外国人は知っていますか。

立石 海外での伊賀と甲賀の認知度は大変高いです。忍者に関心の高い方は、「伊賀と甲賀は忍者発祥の地」と知っており、世界共通の認識になっています。

●現代人も学ぶ点の多い、忍者の“仕事術”

――忍者のスキルや心構えのなかで、現代のビジネスパーソンにも参考になる点はあるのでしょうか。

立石 忍者の職制は諜報活動が中心です。敵から情報を収集し、その情報を味方に伝えることが使命でした。そのため、敵方の信用を得るために、あらゆる手段を取っていました。「夜中に屋敷へ忍び込み、情報を集めたのでは」と思われがちですが、古文書には意外なエピソードも残っています。

 ある屋敷の前で仮病を使い、その屋敷の方に助けてもらうと、当日はそれで帰ります。後日、助けてもらったということでお礼の品を携えて行き、その相手を信用させ、取り入るなかで隠れていた情報を得るようにして、その情報を味方に伝えていたのです。

 忍者にとって何より大切なのは、敵方の信用を得るということです。これは、現代のビジネスパーソンにも通じる話ではないでしょうか。もちろん、諜報活動なので相手をあざむくことには変わりありません。しかし、仮に暴力に訴えたとしても本当の情報が得られるとは限りません。

 基本的には、波風を立てずに情報を得るというのが忍者です。これは、現代のビジネスパーソンも学ぶべき点かもしれません。

――そもそも、なぜ忍者の里は伊賀と甲賀だったのでしょうか。

立石 両地域とも、作物が取れないことに関係しています。そのため、出稼ぎの手段として忍者を生業にしたのでしょう。

 ただ、忍者には美学や美意識があり、確かにお金で雇われてはいましたが、同時に高いプロ意識も持っていました。君主のために徹底した諜報活動を展開し、徹頭徹尾従って忠誠を誓っていました。忍者には精神性の高さや潔さも備わっていたのです。

●松尾芭蕉は忍者だった?

――忍者の活動時期は、いつ頃だったのでしょうか。

立石 1550年頃から江戸幕府成立までが、本格的に活躍していた時代です。しかし、最近の古文書の発見などで、徳川家光の時代である島原の乱でも堀の深さの調査を行っていたほか、幕末から明治維新にかけても忍者が活躍した足跡が明らかになっています。

 江戸時代でも、長野県の松本藩や岡山県の岡山藩に忍者の記録があることから、長期的に見れば室町時代後期から江戸時代まで活動していたと考えられています。「お城のあるところに忍者あり」という言葉もありますから、幕府も各藩も、江戸時代でも盛んに諜報活動を続けていたと推察しています。

 実際、甲賀忍者は紀州藩に召し抱えられていたので、7代将軍家継が死去後の後継をめぐって紀州藩主の徳川吉宗と尾張藩が対決しますが、忍者同士で熾烈な情報合戦があったのかもしれません。ほかにも、江戸城本丸御殿最大の検問所には「百人番所」があり、伊賀組・甲賀組などが交替で将軍を守っていました。

 明治維新以降は、忍者を生業とする方々は断絶したと聞いています。先祖が忍者だったという方も、今は一般の生活をされています。

――「松尾芭蕉忍者説」についてはいかがでしょうか。『奥の細道』を見ると、明らかに怪しい動きをしていますが。

立石 芭蕉は伊賀出身です。地元の伊賀では否定説を唱える方も多く、一概には言えませんが、「芭蕉が忍者だった」という説にはロマンがあります。おそらく、外国人の方が忍者に憧れているのも、そこにロマンがあるからではないでしょうか。

 ロマンといえば、徳川家康と豊臣秀頼が対決する「大坂の陣」では、堀の深さの調査をし、和議を行いつつも、堀を埋め、淀君がいる場所に大砲を撃つなど、徳川方は効果的な攻撃や謀略を張り巡らしますが、そこに忍者の影があったと考えることもできますね。

――最後に、忍者ブームの可能性や今後について。

立石 日本人は、「忍者はアニメや漫画、映画だけの存在」と思っているかもしれません。歴史の教科書にも掲載されていないので、無理もないことです。しかし、450年くらい前に天下統一を目指して戦国大名たちが熾烈な争いをするなかで、忍者が活躍したというのは歴史的事実です。決して、フィクションの世界ではありません。

 日本人のみならず、世界の多くの方が忍者にロマンと憧れを抱いているというのは喜ばしいことです。そして、地方創生、地域経済の活性化、観光資源などにも役立っている。今後、日本が観光立国を目指す上で、忍者が日本全体のポテンシャルを高めていくに違いありません。

 忍者には特有の美学や精神性の高さ、信義をもって諜報活動にあたった姿勢などがあり、これは今日の日本社会においても学ぶ点があるでしょう。今後も、活動を通じて忍者の再評価を促していきたいと思います。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)