人間以外の家族が増えたことで人生が良い方向に変わったという経験をしたことがあるひとも多いハズ。今回はペットがあなたにもたらす6の良いことをご紹介します。

ペットはあなたを裏切らない

昔の元カレのように浮気をしたり、裏でこそこそと悪口を言う親友面の女友達のようにペットはあなたの事を裏切ることはありません。家に帰ってくると「お! おかえり!」と出迎えてくれたり、思う存分抱きしめさせてくれたり。あなたに対して彼らは怒りを露わにする子とはあるものの、その怒りはいつまでも続くということはなく、最終的にいつもあなたの側にいてくれるのです。

愚痴も静かに聞いてくれる

時に私たちには「ただ聞いてほしい」時があります。アドバイスやお説教なんて必要なくて、ただ単に聞いているふりをしてくれるだけでも良いのです。友達全員から「別れた方がいいよ、そんな男」と言われるような男の人が好きで、どうしようもないことなんて、ペット以外誰も聞いてはくれませんからね。

ペットつながりで恋が生まれる

例えば犬のお散歩にでかけるときにいつもお散歩コースで顔を合わせる素敵な男性と恋に落ちるなんてドラマのような話も実際に多くあるんです。お散歩にでかけないペットの場合にもインスタやツイッターなどのソーシャルメディア上で、好きな動物という共通点から恋日発展することだってありえるのです。

責任感が養われる

ペットを飼う以上、トイレやケージのお掃除、餌やり、動物病院での検診などなどさまざまな責任を負うことになります。そのため、へこたれそうになったときも「この子がいるんだから頑張らなくちゃ!」とモチベーションが上がるきっかけにも。小さくても大きくても、ペットが病気になったときには驚くほど病院代にお金がかかることも多いです。そのためいつなにが起きても大丈夫なように、病院代を貯蓄しておくという意識も生まれます。

気持ちが安定する

ストレスがたまりまくったり、不安を抱えたり、落ち込んだりしているときにも、大好きな可愛いペットたちを眺めたり触ったりすることで平常心を取り戻すことができます。誰かに側にいてもらいたくて、友達に連絡をしまくる必要もなく、家に帰って温かいものを飲みながら気持ちよさそうに眠るペットの姿を見ているだけで、派手にお酒を飲んだり高価な食事をしたり、高額の買い物をしなくても十分心が満たされるのです。

健康になる

お散歩・ごはん・お掃除などなど、ペットは私達よりも体内時計がしっかりしているので毎日同じルーティンで接してあげなければなりません。このルーティンは、私たちの日々の生活にもいい意味で影響をもたらしてくれます。家に帰ってごはんをあげなくてはならないとなると、夜遅くまで飲み歩いたりすることも少なくなるかもしれません。