「やれば出来るじゃん!」 槙野もACL優勝後に感嘆、「教育して良かった」選手とは?

写真拡大

ACL優勝を受けて、元浦和FW原口からクラブ宛てに贈られたスタンド花

 浦和レッズは25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦でアル・ヒラル(サウジアラビア)に1-0と勝利し、2007年以来となる10年ぶり2回目のアジア王者に輝いた。

 試合後には現役選手や関係者から数多くの祝福メッセージが届いたなか、浦和の日本代表DF槙野智章が自身の公式ツイッターに1点の写真をアップ。それは、ある選手から届いたスタンド花だった。

 アジア制覇を成し遂げたクラブは様々な形で祝福を受けたが、槙野はクラブ宛てに届いたスタンド花を撮影。その立て札には次のように書かれていた。

「浦和レッドダイヤモンズ株式会社様 祝AFCチャンピオンズリーグ2017 原口元気より」

 差出人は08年から14年まで浦和に在籍し、現在はドイツ1部ヘルタ・ベルリンでプレーする日本代表FW原口元気だった。

 原口と言えば、飛び級でユースへ昇格し、09年には日本人としてクラブ最年少でプロ契約を結び、クラブ最年少ゴール(17歳11カ月3日)もマークするなど、その能力は一級品。しかし、練習で味方と揉めたこともあれば、途中交代に不満を露わにして監督に詰め寄ろうとするなど、プレー以外でも注目を浴びてきた。

教育係を務めた槙野の原口評は「ヤンチャ」

 “悪童”と呼ばれたこともあった原口だが、かつて教育係を務めたのは槙野だった。以前槙野は自身のSNSに「俺が2012年に浦和に来て原口元気というヤンチャな選手の教育係になった。サッカー選手としては最高の選手だった。しかし、礼儀やあいさつなどはビックリするくらいできなかった」と記している。

 そんな原口が、古巣の躍進を受けてスタンド花を贈り、「やればできる男 教育してきて良かった」と槙野も思わず感嘆の声を漏らした。もっとも、2016年に浦和がルヴァンカップを制した際にも原口は同様に花を贈っており、2年続けてお祝いした形だ。

 ACL優勝だけでなく、原口の粋な計らいも、槙野ら選手やスタッフの心を打ったに違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】槙野智章が公式ツイッターに投稿、元浦和FW原口元気から浦和に贈られたスタンド花

https://twitter.com/tonji5/status/934992879927226369

槙野智章が公式ツイッターに投稿、元浦和FW原口元気から浦和に贈られたスタンド花