浦和がACL優勝を果たした意義とは? 韓国紙が分析「Jリーグ復活を知らせる序幕か」

写真拡大

「日本サッカー界が喜ぶ理由」について韓国紙が指摘 母国クラブは「競争力が低下」

 J1浦和レッズは25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝第2戦、アル・ヒラル(サウジアラビア)戦で1-0と勝利し、2007年以来となる10年ぶり2回目のアジア王者に輝いた。

 「Jリーグ復活を知らせる序幕だろうか」と報じたのは、韓国紙「スポーツ・ソウル」だ。浦和が10年ぶりにアジアを制した意義を伝えている。

「浦和レッズが10年ぶりにアジア制覇に成功し、日本サッカー界は明るく笑っている」

 そう伝えた同紙は「浦和の優勝を日本サッカー界が喜ぶ理由は、2010年代に入ってから続いたJクラブのACL不振が終わる合図と見なされるからである」と言及した。事実、2007年に浦和、翌年にガンバ大阪がアジアを制して以降、日本勢は決勝に進めない状況が長らく続いていた。

 今季、浦和が優勝を飾るまでの経緯について、「2009年以降、日本は1クラブもACL決勝に進出できず、韓国と中国のクラブに押されている感があった。警戒心を強めたJリーグ側からACL進出チームに補助金を出すなど配慮したが、状況は変わらなかった」と記す。

 さらに今季のACLについて、同記事ではKリーグとJリーグ勢を比較。「今年に変化の兆しが見え始めた。Kリーグの競争力が大幅に低下した。一方、Jクラブは着実に組織力を高め、質の高い外国籍選手を加えた」と分析し、さらに今後の日本サッカー界を展望している。

韓国紙の見立ては「スター選手が増える」

「スポーツ・ソウル」紙の見立てはこうだ。

「浦和を筆頭に、ACL熱は高いまま維持されるだろう。さらにJリーグはDAZNと10年間で総額2100億円に達する巨額の契約を締結した。このお金が上位クラブにより配分され、韓国や中国クラブと火花を散らすと予想される」

 Jリーグ側が新たな中継パートナーとして、動画配信サービス「DAZN」を運営する英国の「パフォームグループ」と巨額の契約を結んだことに触れている。実際、全クラブ一律の均等配分金に加え、J1上位クラブへの理念強化配分金、ACL出場クラブへのACLサポートなど、様々な形で配分の見込みとなっている。

 また同記事では、ヴィッセル神戸に2014年ブラジル・ワールドカップ優勝メンバーの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが加入したことを受け、「昨夏にポドルスキが移籍したように、エースの役割を果たすスター選手がJリーグで増える見込みだ」と付け加えた。

 浦和のACL優勝により、世界的な注目度を高めたJリーグ。韓国紙が分析するように、今回の栄冠が“Jリーグ復活の狼煙”となるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images