ロックバンドのグッドモーニングアメリカが主催する音楽フェス『八王子天狗祭2017』が11日、東京・エスフォルタアリーナ八王子で開催された。このフェスはグドモの地元である八王子を舞台に、昨年彼らが主催しTHE BACK HORNやTHE BAWDIESらが出演。今年はその第2回目の開催となる。“天狗ステージ”と“白狐ステージ”の2ステージで全17バンドが渾身のパフォーマンスを展開。2回目も八王子の地を大いに盛り上げ、音楽が持つ人と人を繋げる魔法を改めて感じる瞬間を感じられたフェスだった。その主催者としてトリを飾った、グドモのライブを以下にレポートする。【取材=小池直也】

八王子のグッドモーニングアメリカ

たなしんの登場シーン(撮影=佐藤 広理)

 たなしんの声によるナレーションが流れてから、当のたなしんが大柄な体格の天狗たちに担がれて登場。それに続いてメンバーも定位置についた。いよいよ2年目の『八王子天狗祭2017』ラストステージが始まる。

 金廣真悟(Vo、Gt)が「グッドモーニングアメリカ、始めます」と呟くと、「未来へのスパイラル」でグドモのステージの幕が開く。続く「アブラカタブラ」はスタートからハイテンション。フロアからはクラップが発生していた。

 渡邊幸一(Gt)は「俺たちが八王子のグッドモーニングアメリカだ!」と叫んでから「皆に八王子にきてよかったと思ってもらえる様に頑張ります」と意気込んだ。さらに恒例である、たなしんの「3・2・1、ファイヤー!」のコールに続き、「言葉にならない」。金廣の裏声と美しいメロディ、激しいビートの三位一体だ。

 「コピペ」では、金廣と渡邊がポジションを交代しながらパフォーマンス。たなしんもステージ前方で観客に向かってアピールし、今日1日の感謝を体全体で表現。「風と鳴いて融けてゆけ」ではサビ最後の金廣のシャウトが力強く伸びていった。会場最後尾までその声は届いていたのではないだろうか。

人と人を繋げる魔法

グドモのステージ(撮影=白石 達也)

 ここで金廣がギターを弾きながらMC。「また今年も素晴らしい仲間と、有能なスタッフ、最高にお客さんに囲まれて幸せです」と素直な気持ちを吐露した。さらに、天狗祭について「続けていくのは難しいというのを痛感しました。でも本当に沢山の人たちの力を借りて最高の景色を見ています。青春を過ごしたこの八王子で、来年も『ハチテン』をやりたい」と続ける。

 ぐっとくる言葉を並べた後は「STAY WITH ME」。ハンドマイクになった金廣が、ステージの際まで進んでメロディを届ける。タイトルと同じリリックがサビで力強く繰り返される度に、歌が心に沁み込んでくる様だ。

 セットリストの最後は「空ばかり見ていた」だった。赤い照明がグドモを照らす。そして彼らは感謝と地元愛を込め、気力全開の演奏を見せた。後半は自分のマイクをオーディエンスに向けて、ギターをかき鳴らす金廣。大きな歌声が響き渡る会場。

 すぐさまアンコールが起きた。たなしんが「今日はありがとう!」と応える。渡邊と金廣は「ライブハウスに来て」と現場でライブを観て欲しいという想いを届けた。そしてアンコールの「拝啓、ツラツストラ」はポジティブなエネルギーに満ちたパフォーマンス。オーディエンス、ステージ脇から見える出演者や関係者全ての想いが可視化した様な光景がそこにあった。音楽が持つ人と人を繋げる魔法を改めて感じる瞬間を感じられたフェスだった。

会場の様子(撮影=佐藤 広理) ペギ(撮影=佐藤 広理) 金廣真悟(撮影=佐藤 広理) たなしんの登場シーン(撮影=佐藤 広理) グドモのステージ(撮影=白石 達也)
渡邊幸一(撮影=安藤 みゆ) ペギ(撮影=安藤 みゆ) たなしん(撮影=安藤 みゆ)

セットリスト

▽グッドモーニングアメリカ

1未来へのスパイラル
2アブラカタブラ
3言葉にならない
4コピペ
5風と鳴いて融けてゆけ
6STAY WITH ME
7空ばかり見ていた

Encore

拝啓、ツラツストラ