16歳FW久保建英のJ1デビューにスペイン紙も注目 「将来、世界最高の選手の一人に」

写真拡大

26日の敵地広島戦、後半22分から途中出場 歴代3番目の年少記録でJ1のピッチに

 J1・FC東京所属のFW久保建英が26日に行われたリーグ第33節、敵地サンフレッチェ広島戦の後半22分から途中出場し、J1リーグ戦歴代3番目の若さとなる16歳5カ月22日でのデビューを飾った。

 かつてバルセロナの下部組織に所属した久保に対して、バルサ贔屓で知られるスペイン紙「スポルト」は「歴史を刻んだ」と報じている。

 試合は1-2とFC東京が劣勢のなか、後半22分に最初に切られたカードが久保だった。元日本代表FW永井謙佑に代わって投入され、森本貴幸(当時東京V)の15歳10カ月6日、宮吉拓実(当時京都)の16歳1カ月14日に次ぐ、歴代3番目の年少記録でのピッチ登場となった。

 同記事では「タケフサ・クボは記録を破り続ける」とのタイトルで特集。「土曜日の午後、日本の1部FC東京のトップチームでデビューし、歴史を刻んだ」と伝えている。16歳ながら鋭いドリブルから強烈なシュートも放ち、終盤にはCKを獲得するなど存在感を示した。

「将来、世界最高の選手の一人になると言われるアタッカーは、驚くほど簡単に何度かドリブルを成功させ、シュートも放った」と記し、上々のデビュー戦だったと評価している。

試合後に久保は自己分析「いけると思って…」

 J1デビュー戦を終えた久保は、「緊張感もなく、すぐ試合に溶け込めて良かったです。周りにもフリーな選手がいたなかで、自分でいけると思って判断して決められなかったことは悔しいです」と冷静に自己分析を行った。

 バルサの下部組織で順調に成長を遂げていた久保だが、「FIFAによる制裁の影響を受けた選手の一人」として、日本への復帰を余儀なくされた経緯がある。記事ではフランス1部パリ・サンジェルマンが獲得に興味を示すことも伝えているなか、「バルサはタケとその関係者たちと良い関係を保っている」としている。

 スペイン紙は「日本のメッシ」とも称される久保の動向を今も追っており、その注目度は依然として高いようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、久保がJ1デビュー戦で見せた鋭いドリブルからのシュート

https://youtu.be/7tC2qw_okWk?t=1m29s

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開、久保がJ1デビュー戦で見せた鋭いドリブルからのシュート