残すところ、30日(木)に開幕する「ゴルフ日本シリーズJTカップ」のみとなった国内男子ツアー。現在、賞金ランキング首位に立つのは1億6000万9813円の小平智だ。続いて2位が宮里優作、3位がチャン・キム(米国)、4位が池田勇太となっている。
【関連】“フトシ”さんも登場!?宮里兄弟の軽妙トーク
小平から池田までの差は約3491万円。例年になく僅差だけに、まさに最後は「神のみぞ知る」といったところか。そこで、賞金ランク上位4選手の「運」を占いで見てみよう。今回占いを担当してもらったのは、占星術を専門とする池袋バラガン・高峰京子先生。「タロットカード」と「西洋占星術」を用い、4人の運勢を占ってもらった。(※あくまで参考程度にどうぞ)
「この方はダントツで勢いがいいですね。金運の波がすごく強い」
と高峰先生が1位に挙げたのは、現在、トップに君臨する小平。
気になるその理由はだが、
「結婚した時期がすごく良い。才能が伸びる時期の3月に結婚されて、奥さまの古閑美保さんから好影響を受けてさらに金運が上がったようです。もともと、しっかりした奥さんに手綱を握ってもらったほうが活躍できる人ですね。そういう意味で、今年は“小平選手の年”と言っても良いくらいです」
今季、「三井住友VISA太平洋マスターズ」で優勝を決めた際も、「美保の前で勝ててうれしい!」と、仲のよさを見せつけていた二人。
「ただ、お金がすごく入ってくるけど、気をつけないとすごく出ていくので、賞金王になっても手元に残りづらいかもしれません(笑)」
続けて2位に挙げたのが、小平と約2768万円差のチャン・キム。
「皆さん“負けてたまるか!”という闘志がみなぎっていますが、特にキムさんはこれから良い星が入ってきます。どんでん返しで1位になるかも、というくらいカードの出方がすごく良いです」
高額賞金がかかった(残り2試合はともに優勝賞金4000万円)2試合で、トップに返り咲けるか!?
3位には小平と約1718万円差の宮里をピックアップ。
「とても粘り強い人ですよね。でも、“良いところまでいくけど、あと一歩”というのが多い方かもしれません。ただ、今年は無理だったとしても来年以降で運気が向いてきそうです」
と今後の成功を示唆。昨年の賞金王で小平とは約3491万差の池田に関しても、将来の運勢がすごくいいという。
「今年の1位は厳しいかもしれませんが、この方は中年期以降で運気がぐっと良くなるので、長い目で見るととても勢いがあります。今年以降、ものすごく伸びそうな人です。また、今年の12月にかけては社会的責任が増す時期。“個人競技”としてだけでなく、組織的に活躍したり、業界のために活躍したりすることが増えるかもしれません」
選手会長を務めたこともある池田だが、ひょっとするとビジネス面で何か変化が起きる!?
とにかく燃えたぎる闘志で“運”も引き寄せられるのは誰になるのか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

賞金王決定は最終戦に持ち越し 宮里優作らの逆転条件は?
石川遼、惜しくも優勝は逃したが今季最終戦で大きな収穫
“新しい景色”が見えるようになった!石川遼のスイング改造の進捗状況
日本シリーズ出場者決定!小鯛竜也ら7人が初出場
石川遼 パター変更で気分転換!今季ベストの“66”で優勝戦線に