Microsoft Officeは、これまでGoogleのPixelbookなど限定でプリインストールされていましたが、すべてのChromebookデバイスで標準搭載され始めたことが伝えられています。

10.1インチ以上のChromebookで標準搭載

Microsoftはすでにスクリーンサイズが10.1インチ以下のAndroidとiOSデバイス向けにOfficeソフトウェアの無料配布を行なってきましたが、Chrome Unboxedの報告によれば、10.1インチ以上のすべてのChromebookでもMicrosoft Officeが標準搭載され始めたとのことです。
 
現在Officeの標準搭載が確認されているデバイスには、SamsungのChromebook Pro、AcerのChromebook 15、AcerのC771などが挙げられるといいます。
 
ChromebookにプリインストールされているOfficeは、AndroidバージョンのOfficeで、Androidタブレットで動作するOfficeと同じ機能が確認されるとのことです。

Office 365の登録は必要

Microsoftのポリシーにより、10.1インチ以上のディスプレイを持つデバイス上でOfficeソフトウェアのファイルを新規作成、編集、印刷するためには、Microsoft Office 365への登録が必要になります。
 
 
Source:Chrome Unboxed via The Verge
Photo:9to5Google
(lexi)