アラバマ大対ミネソタ大で異例のハプニングが…【写真:Getty Images】

写真拡大

アラバマ大のベンチメンバー7人が許可なくコートに足を踏み入れて一挙退場

 米大学バスケットボールのNCAAで、乱闘、累積ファウル、負傷により「3人」で戦う珍事が発生。「3対5」で試合が行われる異様な光景を米メディアも動画付きで紹介し、「非現実的だ」「これぞ無謀というものだ」などとファンの間でも反響を呼んでいる。

 なぜ「5対5」で行われるバスケで、一方のチームに「3人」しかいないのか。思わず、目を疑う摩訶不思議なシチュエーションが生まれたのは、25日(日本時間26日)に行われたミネソタ大―アラバマ大の一戦だ。

 後半途中、ミネソタ大のネイト・メイソンとアラバマ大のコリン・セクストンがもみ合い。両者にテクニカルファウルが言い渡された直後、抗議を続けたメイソンは2度目のテクニカルファウルで退場処分となった。

 事態がさらなる発展を見せたのは、そのわずか27秒後だった。ミネソタ大のデュプリー・マクブレイヤーとアラバマ大のデイゾン・イングラムがゴール下の争いで腕を絡ませたのをきっかけで乱闘。ベンチからアラバマ大の選手7人がコートに足を踏み入れてしまい、審判の許可なくコート内に入った7人全員が規定により退場処分となった。

さらに累積ファウルと負傷で2人が退場…3人で戦う様子に米衝撃「非現実的だ」

 全12人のうち7人を失い、交代可能な選手がゼロとなったアラバマ大。しかし、その後イングラムが5個目のファウルを犯して退場し、さらにルーキーのジョン・ペティが負傷でプレー続行が不可能に。残り10分41秒から「3人」で戦うことを余儀なくされた。

 米スポーツ専門サイト「DEADSPIN」は公式ツイッターに「注目:アラバマ大は3人だけになった」とつづり、3人だけで相手に立ち向かう動画を公開。ファンからは「非現実的だ」「まさにクレイジー」「こんなことが可能なのか?」「これぞ無謀というものだ」と驚きのコメントが寄せられた。米国で最も権威のあるスポーツ総合誌『スポーツ・イラストレイテッド』電子版も、「いったい何が起きているんだ?」と取り上げている。

 日本のBリーグでは、2016年に小競り合いをきっかけに両チーム合わせて11人が退場になるハプニングがあったが、1チーム最少人数の5人を上回る6人と7人が両軍にそれぞれ残っていた。プレー可能な人数が3人だけ、というのがいかに珍しい出来事かが分かるだろう。

 試合はその後、3人のアラバマ大が追い上げる“プチミラクル”を起こしたが、逆転するまでには至らず84-89で敗戦。何ともほろ苦い今季初黒星となった。