画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カゴヤ・ジャパンは11月27日、グレープシティが提供する業務アプリ作成ツール「Forguncy」で作成したWebアプリをクラウド上で運用できる「Forguncyプラン」の提供を開始すると発表した。

「Forguncy」は、Excelを操作する感覚でWebアプリを作成が可能で、プログラミングの経験がなくても、データベース、ワークフロー、メール送信、帳票(PDF)出力などノンプロミングで業務アプリを作成できる。

「Forguncyプラン」は、「Forguncy」で作成したWebアプリを同社のクラウド上で運用できる、運用ライセンスとインフラ(サーバ)をパッケージで提供するプラン。

サーバやネットワークなどの機器の運用保守は同社お任せ、ユーザーは

「Forguncy」の運用に注力することができる。

利用料金は、初期費用が6万4800円、月額費用が5万5296円(10ユーザー)から。