走行距離わずか17kmの2006年型「フォード GT」がオークションに出品!

【ギャラリー】2006 Ford GT19


クルマが新車であるのは一度きりだ。だがオーナーの中には、その状態をできる限り延ばそうと努力する人達がいる。そう、この2006年型「フォード GT」のように。このクルマは米国フロリダ州フォートローダーデールでRMサザビーズが来年4月に開催するオークションに出品される。走行距離計に表示されているのは、僅か10.8マイル(約17.4km)という驚くべき数字だ。10年以上前に製造されたクルマだが、実質的に"新車"と言ってもいいだろう。

レザー・シートは工場出荷時からビニールで覆われたままであり、シフトレバーには「車高が低いため地面に接触し、車体に傷が付く恐れがあります」との注意が書かれたタグまで付いている。エンジンルームも全く綺麗な状態だ。しかも、ブルーのレーシング・ストライプや、赤でペイントされたブレーキ・キャリパー、BBS製アロイ・ホイールといった、好ましいオプションも装着されている。


このクルマを購入したオーナーが走行距離を伸ばさずにいた忍耐力には感心する。我々なら毎日のように乗り回してしまったことだろう。その一方で、このクルマを運転するという素晴らしい機会を逃してしまったオーナーのことは気の毒に思わずにいられない。だが、少なくともその人物は見返りにかなりの大金を得ることになるはずだ。購入時の車両価格はオプションを含めて19万6,495ドルだったようだが、RMサザビーズでは落札価格を30万〜35万ドル(約3,300万〜3,900万円)と予想している。この金額は、保険会社ハガティによる2006年型フォード GTの査定額、30万7,000ドルから34万8,000ドルとほぼ同等だ。しかし、今回のオークションでは最低落札価格が設定されていないので、相場より安く手に入れるチャンスがないわけではない。いくらであれ、最高入札額を付けた人にこのフォード GTは引き渡されることになる。

V6ツインターボとなった現行モデルと違い、V8エンジンを搭載したフォード GTの"新車"が欲しい人は、2018年4月6日〜7日に開催されるオークションをお見逃しなく。

By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2006 Ford GT19



■関連ギャラリー

【ギャラリー】Ford GT Photos30


【ギャラリー】2017 Ford GT: Chicago 201530


【ギャラリー】1964 Ford GT40 Prototype Photos9



■関連記事
・【ビデオ】「フォード GT」のオーナー気分を味わえるドキュメンタリー映像
・スティーブ・サリーンが所有していたフォードGTのプロトタイプがオークションに!
・【北米国際自動車ショー2015】伝説の名前が(また)復活! 新型「フォード GT」は2016年に市販化

■関連動画