伊藤友広氏が高浜小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演【写真:村上正広】

写真拡大

アテネ五輪1600mリレー4位の伊藤友広氏が岩手・宮古で「夢応援」

 陸上のアテネオリンピック1600メートルリレー代表で4位入賞した伊藤友広氏が25日に岩手・宮古市内の高浜小で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演した。4月から始まった1年間のかけっこ指導の中間発表を実施。50メートルの測定で1.2秒も縮めた子供が現れるなど、早くも驚きの成長を見せている。

 三陸の海を臨み、浜風が吹く校庭を、颯爽と駆け抜けた。「8秒1」「8秒7」と次々とタイムがコールされる。「やったー!」と子供たちから歓喜の声が続々。充実した表情が、成長を物語っていた。そんな様子を、優しいまなざしで見守った伊藤氏。「これだけ伸びてくれるのはうれしいですね」と、自然と笑みが広がった。

 半年ぶりの再会だった。「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどがスポーツ指導する「東北『夢』応援プログラム」に山形出身の伊藤氏も賛同。水泳、バスケットボール、ラグビーなど多岐にわたる競技から陸上指導で、指導役の「夢応援マイスター」を務め、4月に第1回の「夢宣言イベント」に出演。走り方の指導を行い、50メートルのタイムも測定した。

 遠隔指導を受けてきた子供で、今回参加したのは6人。実際に会うのは半年ぶりといえど、ずっとつながってきた。主にスマートフォンの遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、指導を継続。実際に練習する動画を撮って送り、伊藤氏が映像を見てアドバイスを送る。東京と宮古の距離は480キロ。しかし、時間と距離を超えた指導で、なつかしさを感じることはなかった。

「速く走るために大切なことは何?」…伊藤氏の答えとは

 この日は体育館で、近隣の小学校から参加した児童も含め、約40人のかけっこ指導からスタート。「速く走るために大切なことは何?」と問いかけると「ジャンプ」「腕振り」などと声が上がったが、伊藤氏は「一番大事で、絶対に忘れないでほしいことは『姿勢』です」。骨盤を地面に対して平行に保ち、お尻が出たり、胸を反ったりせず、正しいフォームで走る大切さを説いた。

 練習では、スキップや片足ジャンプを織り交ぜながらメニューを組み、最も重要視したのはサイドステップ。「サイドステップで膝の力が抜け、踏ん張れる姿勢が取れていれば速く走れる。常にこの感覚を忘れないように」とわかりやすい言葉で話しかけ、「姿勢」を体に染み込ませていった。

 測定に入る前には、遠隔指導でアドバイスを送ってきた6人の走りを実際にチェック。伊藤氏が映像を撮りながら、個別に「走りの一歩一歩が上に行ってしまっているから、しっかりと前に進むイメージを持って」「構えがまだちょっと高いから、発射台から勢いよく飛び出せるような感覚で」などと助言し、フォームの修正を施した。

 そして、校庭に場所を移し、満を持して行われた測定では、驚きの結果が待っていた。

半年あまりで1.2秒短縮も…驚きの成果に子供たちも自信

 50メートルを駆け抜けた子供たちは次々にタイムを短縮した。5年生の古屋生吹君は9.3秒から8.1秒に。実に1.2秒も速くなった。女子も岩城優月さんが0.6秒を縮め、8.3秒を計測。足の怪我があった1人を除き、ベストな状態で走った5人全員が0.5秒以上タイムを短縮させたのだ。

 これには先生、保護者も大喜び。何よりも計画的に一生懸命に努力すれば、成長できると実感した子供本人が自信を掴んだ様子だった。しかし、今回は中間発表。本当のゴールは来年3月に行われる1年間の成果発表だ。

「今日はみんなと並んで走ったけど、一人で走っている時にまだまだ全力を出し切れていない。どう力を入れて走っているかをわかるためにも、普段から友達と競い合って走ることが大事になる。そして、サイドステップの感覚も忘れないでほしい。

 それができるようになると陸上だけでなく、どんなスポーツでも生きるから。今日は上手にできていたので、次に会う時はもっと上手になっていることを楽しみにしています」

 伊藤氏は最後に子供たちに語り、4か月後にさらに成長していることを期待。今後も遠隔指導を使った挑戦は続く。480キロの距離を超えて、二人三脚で駆け抜けていく。