20世紀で最も影響力の大きいといわれてるデンマークの建築家兼デザイナーが、アルネ・ヤコブセン。今日のモダンな北欧デザインの原型を作り上げた“デンマークデザインの父”と呼ばれているんだとか。その彼のブランド「ARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)」より、ウォールクロック『City Hall Wall Clock』2種が発売されている。

【詳細】他の写真はこちら



『City Hall Wall Clock』は1956年、彼がコペンハーゲン郊外ルードブレの新しい市庁舎のデザインを手がけた際に考案したもの。当時の世界的なトレンドに強く影響を受けたというやわらかなカーブを描く風防ガラスや、文字盤と針のスリムなデザインは、モダン・ファンクショナリズム(近代的機能主義)のお手本になったそうだ。

ヤコブセンが掲げた「美しいものを作るだけでなく、必要とされているものを作る」とのコンセプト通り、視認性が高く、かつ秒針がないために寝室でも針の音が気にならないという、シンプルデザイン時計の秀作である。

全世界で1000台のみ生産、次回生産は未定という希少な限定アイテムの『City Hall Wall Clock』。日本では、NORDIC Feeling各店と、リビング・モティーフのみでの販売だ。

関連サイト



NORDIC Feeling オンラインストア

ARNE JACOBSEN 日本総輸入代理店 アイ・ネクストジーイー株式会社

textナンスイ(編集部)