シカゴの新星ジャミーラ・ウッズ、意外な選曲のマッシュアップをライブで披露

写真拡大

 2018年1月23日にビルボードライブ東京で一夜限りの来日公演を行うジャミーラ・ウッズ。チャンス・ザ・ラッパーの作品に複数参加し、昨年のデビュー・アルバム『ヘヴン』が各メディアの年間ベストに選出されるなど、大きな注目を集めているシカゴの新世代R&Bシンガー・ソングライターだ。

 『ヘヴン』にはザ・キュア、インキュバス、ポーラ・コールを挿入していた彼女だが、最近のライブではレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの「キリング・イン・ザ・ネイム」とニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」のメドレーを披露しているようだ。

 オランダの【クロッシング・ボーダー・フェスティバル】で披露された、グランジの名曲をソウルフルなグルーヴで解釈したマッシュアップからは、幅広いジャンルの音楽への深い造詣と愛が感じられる。


◎ファンによる映像
https://youtu.be/ydMvx7bLLtQ
https://youtu.be/_GwTzfY-Xdw

◎公演情報
2018年1月23日(火) ビルボードライブ東京
1st 開場17:30 / 開演19:00
2nd 開場20:45 / 開演21:30
サービス:7,800円 / カジュアル : 6,300円(1ドリンク付き)
INFO:Billboard Live http://www.billboard-live.com/