修理完了品をコンビニで受け取れるように

写真拡大

 カシオ計算機は、11月27日から、修理完了品を全国のファミリーマートの店舗で受け取れるサービスを開始する。

 宅配便やチケットなど、コンビニ受け取りサービスの対象は多岐に渡っているが、同社調べによると業界で初めて。カシオは、2015年に時計やデジタルカメラなどの修理をインターネット上で申し込める「WEB修理受付サービス」を開始し、16年に修理料金のクレジットカード払い、17年には修理依頼品送付用の専用梱包箱の提供を開始。顧客の利便性を高めるため、アフターサービスの拡充に力を入れている。

 新たに開始する修理完了品のコンビニ店舗で受け取りはその一環で、従来の自宅発送、カシオテクノサービスステーションでの受け取りに加え、今後は全国のファミリーマート約1万5000店舗(10月末現在)で、修理完了品をいつでも手数料無料で受け取ることができる。

 対象製品は、時計、アウトドア向けスマートウォッチの「Smart Outdoor Watch」、デジタルカメラ、電子辞書、電卓、デジタル英会話学習機。利用条件は「WEB修理受付サービス」から申し込み、決済方法でクレジット払いを選択した場合。なお、レジで受け取る際、店頭にある「Famiポート」で申込書の出力が必要。ファミリーマートの一部店舗とサークルK・サンクスの店舗は対象外。