横浜FC、10月就任のタヴァレス監督が続投「J1昇格へ魂を込めて戦う」

写真拡大

 横浜FCは27日、タヴァレス監督と2018シーズンの契約に合意したことを発表した。

https://twitter.com/yokohama_fc/status/935048411367186433

 タヴァレス監督は横浜FCのクラブ公式HPを通じてコメントを発表。「来シーズンも横浜FCで仕事ができることを嬉しく思います。チームの目標であるJ1昇格に向けて魂を込めて戦います」と意気込んでいる。

 現在61歳、ブラジル出身のタヴァレス監督は、1982年にスイスのクラブで監督としてのキャリアをスタート。サウジアラビアや中国などアジア圏のクラブチームで指揮したほか、チリ代表アシスタントコーチ、さらにヨルダン、ベトナム、ハイチなどの代表監督を務めた経験を持つ。横浜FCでは、解任された中田仁司前監督の後を継いで先月24日より指揮を執っていた。

 横浜FCは2017明治安田生命J2リーグの全日程を終え、17勝12分け13敗の勝ち点「63」で10位フィニッシュ。タヴァレス監督就任後は1勝2分け1敗だった。