緒方夕佳・熊本市議(熊本市議会のHPより)

写真拡大

 熊本市議会の定例会で、緒方夕佳市議(42)が生後7カ月の長男を連れて議場に入ったことが、議論を呼んでいる。

 11月22日、緒方市議は長男を連れて議場に入ったが、議員以外が議場に入ることは禁じられているため、議長らが緒方市議を別室に呼び説得。緒方市議は長男を友人に預けることとなったが、市議会は約40分遅れて開会されることになった。

 この騒動をめぐり、市議という立場にありながら規則に違反し市議会を混乱させたとして緒方市議を批判する声もある一方、行政による子育て支援対策が遅れている問題に一石を投じたとして評価する声もあり、賛否両論の議論を呼んでいる。

 今回の問題について専門家はどうみているのか。自らも働きながら子どもを育てた経験を持ち、家族問題評論家で内閣府後援女性活躍推進委員会理事を務める池内ひろ美・八洲学園大学教授に解説してもらう。

●問題提起としての意義

 議員が議場に赤ちゃんを連れて行くことの是非が問われている。

 反対だとする人は、議員とは法律や条例をつくる立場にあり、ルールをつくる立場にある者がルールを破るのはいかがなものかと主張する。対して賛成する人は、子育てをしやすい社会をつくるために、間違ったルールがあるならそれを変えるべきだと主張する。さらに、世界各国で赤ちゃんを連れて議場に入る議員が増えており、議場内の自席で授乳した議員がいるとも紹介されている。

 さて、この問題はどう考えるべきか。

 仕事との両立を行う子育て中の母親が不便不備を感じる点は多々あるし、その問題提起として緒方市議の行動はひとつの意義があるかにみえる。もちろん、乳児期の赤ちゃんと母親との関係は大切なものだ。母親の乳首に吸いつき母親の顔を見つめ、母親がそれに呼応することで行われるインプリンティング(刷り込み)から、その後生後6カ月から3歳までに母が子に対して安全の基地を提供することによって、子どもの人格形成の基盤となるアタッチメント(愛着)が形成される。

 1987年、歌手でタレントのアグネス・チャンさんが第一子出産直後に乳児を連れてテレビ番組の収録スタジオに現れたことから、子連れ出勤の是非が議論された「アグネス論争」があった。当時彼女が求めた「企業内保育所」は少なかったが、今では大手企業や省庁をはじめとして保育所を整備するところが増えている。

●仕事と育児が両立できるシステムづくりを

 今回の件は民間企業ではなく議会という場で起こったため、行政という視点も交えて考える必要があるだろう。

 1999年に妻の介護を理由に大阪府高槻市長を辞職した江村利雄さんのことを思い出さないではいられない。江村さんの妻は98年から骨粗鬆症やパーキンソン病の悪化で寝たきりとなり、「市長の代わりはいても、夫の代わりはいない」とし、市長4期目の任期を1年残して辞職し、当時世間で大きな話題となった。

 多くのメディアはこの江村さんの行動を「美談」として扱い、江村さんは妻が亡くなった後も介護問題について全国で講演活動を行っている。だが、私は当時極めて残念に感じた。介護の壁にぶつかった場合、介護を行う配偶者や子ども、その子どもの配偶者、孫も含めて、介護に必要な時間を捻出する。なかには、そのために退職や転職をする人もいる。

 行政区の長の立場にある人が介護の現状を見ることができたのであれば、一般市民が親や配偶者の介護を行いながら仕事を続けることができるシステムを、つくることができたのではないかと思ったのだ。現職市長が勇気を持って介護と仕事を両立できるシステムをつくっていれば、高槻市が介護福祉のモデル都市となり、早晩日本全国に波及していた可能性もある。そしてそれは、介護だけでなく育児の現場にも生かすことができた。

 今回、緒方市議は「仕事と子育てを両立して女性が活躍できる議会になってほしい」と語っているが、もしも江村さんが高槻市長の職を辞さず、要介護の妻を議場に事前連絡もなく連れて行ったとすれば、何が起こっていただろう。

 16年、東京都は待機児童解消を進めるためのシンボル的な取り組みとして東京都議会議事堂1階に「とちょう保育園」を設置し、利用者は都庁職員に限らず、近隣企業従業員や地域住民に定員の半分を開放している。

 1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)が1.44となっている現在の日本において、議場に赤ちゃんを連れて行くことが少子化対策や女性活躍のための施策として語られるのではなく、人々が仕事に集中できる環境づくり、安心して子育てができる環境づくりが必要である。
(文=池内ひろ美/家族問題評論家、八洲学園大学教授)