シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドのチーフ・エコノミスト キース・ウエード氏(写真)は11月27日、「2018年は経済成長が継続し、インフレ率が高まらないゴルディロックス相場(適温相場)となり、株式などのリスク資産にとっては良い環境が続く」との見通しを語った。

写真拡大

 シュローダー・インベストメント・マネージメント・リミテッドのチーフ・エコノミスト キース・ウエード氏(写真)は11月27日、東京・大手町で機関投資家向けに「2018年世界経済の展望」をテーマにセミナーを開催し、「2018年は経済成長が継続し、インフレ率が高まらないゴルディロックス相場(適温相場)となり、株式などのリスク資産にとっては良い環境が続く」との見通しを語った。株式では欧州(英国除く)、日本、エマージング諸国を強気とした。ウエード氏は、シュローダー・グループの見解を策定するエコノミスト・チームを統括し、同グループのアセット・アロケーション・コミッティにもマクロ経済の見通しを提供している。

 ウエード氏の見通しの背景は、米トランプ政権の発足や欧州で相次いだ国政選挙によって高まっていた政治リスクが後退し、「よりマクロ経済データが重視される環境になってきた」ことがある。

 マクロ経済指標では、米国、欧州、日本などの先進国経済の経済が堅調で、加え