地下鉄の駅にある美容整形の広告(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

ソウル聯合ニュース】ソウルの地下鉄の至る所で目にする美容整形広告が2022年までに全廃される。

 ソウル交通公社は27日、地下鉄の美容整形の公告を全面禁止する方針を明らかにした。美容整形の広告が「外見至上主義」や女性の身体への差別的視線を助長するとの批判が多く寄せられるようになったことを受けた措置という。

 ソウル地下鉄1〜4号線では広告に関する意見が昨年1182件寄せられ、そのうち美容整形や女性関連の広告に関するものが9割以上を占めた。

 また、増え続ける地下鉄内の広告量を15%削減する方針も示した。同公社によると昨年末時点でソウル地下鉄1〜8号線の広告数は計14万2785点で、広告収入は445億ウォン(約45億5000万円)に達した。同公社は「商業広告を果敢に減らし、文化・芸術・公益広告中心に転換していく」としている。