農心が発売する新商品「辛ラーメンブラックカップ」(提供)=(聯合ニュース

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手食品メーカー、農心は27日、電子レンジで温められる即席カップ麺を発売すると発表した。

 既存のカップ麺「辛ラーメンブラックカップ」の容器を、電子レンジで調理できるよう特殊な紙素材にして「辛ラーメンブラックサバル」(サバルはどんぶりの意)として発売する。電子レンジのマイクロ波の振動により、麺がもっちりとした食感になり、スープも袋入り麺のようにコクが出るという。

 農心は1982年に同社初のカップ麺「ユッケジャンサバル麺」を発売し、韓国のカップ麺市場を開拓した。辛ラーメンブラックサバルを皮切りに電子レンジ対応の新製品を順次発売する計画だ。

 調査会社のニールセンコリアによると、韓国の即席麺の市場規模は昨年約2兆1500億ウォン(約2200億円)で、このうちカップ麺が34%を占めた。その割合は徐々に拡大している。単身世帯が増え、コンビニエンスストアの利用が一般的になったことが背景とされる。