バルセロナのFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

バレンシア戦、メッシのシュートはゴールラインを割ったが得点は認められず

 海外サッカーで、ボールがゴールラインを割っているにもかかわらず、ノーゴール判定となる事態が発生。その“被害”に遭ったのが、現代を代表するスーパースターのバルセロナFWリオネル・メッシとあって、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が「否定されたメッシの『ゴーストゴール』」と報じるなど、波紋は世界中に広がっている。

 これがゴールじゃなかったら…。そんな想いが選手、ファンの心を去来していたに違いない。

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節のバレンシア対バルセロナ戦。驚くべき判定が下されたのは、0-0で迎えた前半30分だった。

 人数をかけて敵陣に攻め込んだバルセロナは、メッシが右サイドからのパスを受けてペナルティーアーク付近でシュートチャンスを迎える。ダイレクトで合わせた左足での一撃は、バレンシアのブラジル代表GKネトの正面に飛んでしまったが、ここから波乱の展開が続くことになる。

 ネトはキャッチし取り損ねてしまい、後逸したボールがゴールへ。慌てて右手でかき出したが、その時点でボールはゴールラインを越えていた。ゴールを確信したチームメイトたちは両手を広げて祝福していたが、ゴールと認められずプレーは続行。その後、バルセロナの選手たちが抗議したが、判定は覆らなかった。試合は後半に1ゴールずつ奪い合い、1-1のドローに終わっている。

バルベルデ監督もゴールを強調「全ての人間が見ていることが確固たる証拠」

 米放送局「TNTスポーツ」は、公式ツイッターで「スペインではVARが発明されていない。メッシが得られなかったこのゴールを見よ」と投稿。公開された映像では、後逸したボールがゴールラインの内側にある決定的瞬間も収められており、“疑惑の判定”として注目を集めることになった。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、「否定されたメッシの『ゴーストゴール』」との見出しで特集。バルセロナの選手と監督の“証言”を紹介している。

 記事によれば、スペイン代表DFジョルディ・アルバは「これは審判による歴史的な誤審だ。ピッチ中央からですらそれがゴールだったと分かった。ハーフタイムに映像を確認したけど、はっきりしていた。はっきりしすぎていたくらいだ」と話したという。エルネスト・バルベルデ監督も「ジャッジについてはあまり語りたくないが、ボールがゴールラインを割っていることは、一部の人間でなく全ての人間が見ていることが確たる証拠となっている」とビデオ判定制度の導入を訴えていた。

 メッシを襲った“疑惑の判定”騒動は、今後も波紋を広げることになりそうだ。