クラブW杯で「レッズ旋風」なるか 大会組織委員会は浦和に期待、サポーターも歓迎

写真拡大

大会組織委員会は浦和&サポーターを歓迎ムード「彼らを歓迎したい」

 25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦で、浦和レッズがアル・ヒラル(サウジアラビア)を下し、10年ぶり2回目のアジア制覇を果たした。

 12月にUAEで開幕するFIFAクラブワールドカップに参戦する浦和は、大会組織委員会から躍進を期待されている。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」のアラビア版が報じた。

 サウジアラビア代表を揃えた名門を打ち崩し、アジアの頂点に辿り着いた日本の赤い悪魔は、FIFAクラブW杯が行われるドバイでも、活躍への期待値とサポーターに対する歓迎ムードが高まっている。

「日本のチームはFIFAワールドカップのファンを楽しませてきた歴史がある。我々は浦和がこの大会で別格のパフォーマンスを見せることに、なんら疑念を抱いていません。我々は彼らに最も温かい祝福をさせて頂く。アブダビで彼らを歓迎したい」

 こう語ったのはドバイの大会組織委員会のトーナメントディレクター、アレフ・アル・アワニ氏だ。

 浦和は日本で行われた2007年大会で黄金時代の欧州王者ACミラン(イタリア)に準決勝で敗れたが、3位と好成績を残した。翌年大会でガンバ大阪もアジア王者として参戦し、準決勝でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に敗れ3位。昨年大会では主催国枠で参加した鹿島アントラーズが決勝でレアル・マドリード(スペイン)と延長戦の死闘を繰り広げ、準優勝と注目を集めた。

浦和の試合は「エキサイティングに」

 クラブW杯における「Jブランド」は定評が高いという。アル・アワニ氏は次のように語っている。

「オークランドとアルジャジーラの勝者と浦和の準々決勝は信じられないほどエキサイティングな試合になるだろう。売り切れる前にファンにはチケット予約することをお勧めするよ。世界中の浦和ファンには、アブダビで行なわれるクラブ最高峰の大会をフォローできるトラベルパックを活用してもらいたい」

 埼玉スタジアムを真っ赤に染めた浦和サポーターの忠誠度の高さは世界でも知られるところ。ACLでもスタンド全体で展開されたコレオグラフィーは海外メディアで大いに称賛を浴びた。

 世界最高のブランド力を誇るレアルは準決勝で待ち構えている。別の山にはFW本田圭佑が所属するメキシコ1部パチューカも参戦する。歓待ムードのUAEでアジア王者は“レッズ旋風”を巻き起こすことができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images