日立システムズは11月27日、ドローンの操縦や撮影代行、撮影した画像の加工と診断、データの保管・管理、業務システムとのデータ連携をワンストップで支援する「ドローン運用統合管理サービス」を強化すると発表した。価格は個別見積もり。

今回、強化した機能はドローンで撮影した2次元画像(写真)から構造物全体の3次元モデルをクラウド上で生成し、構造物の劣化箇所が全体のどこにあるかをひも付けて管理できる機能。

具体的には、スイスのPix4Dの航空写真測量ソフトウェア画像処理技術を用い、ドローンで撮影した大量の画像データから3次元モデルを生成するサービスをクラウド上で提供し、ドローンで撮影した大量の2次元画像(写真)から、構造物全体の3次元モデルを容易かつ高速に生成することができるため、作業効率を向上できるという。

さらに、オートデスクのAPIプラットフォーム「Forge」と日立システムズが開発した技術により、2次元画像(写真)と生成した構造物全体の3次元モデルをひも付けて表示できる機能を提供する。ユーザーは、劣化(さびやひび割れなど)が写った2次元画像(写真)をクリックするだけで、3次元モデル上に該当する位置が表示されるため、劣化部分が構造物全体のどこにあるかが容易にわかるほか、3次元モデル上で目印を付けること、拡大表示、コメントの追記などを可能としている。

今後はAIなどの技術を活用し、画像データから劣化を自動的に検出する機能も開発する。これにより、3次元モデル上に劣化カ所を自動的に目印を付けて表示できるだけでなく、過去に撮影した画像データと比較して、劣化の進行具合を把握することも容易になるという。