金谷拓実【写真:Getty Images】

写真拡大

金谷拓実、豪州OP3日目に猛チャージ、地元メディア「ネクスト・マツヤマ?」

 ゴルフ界で昨季躍進のシーズンを送り、今や世界のトッププレーヤーに数えられる松山英樹(レクサス)。そんな日本のエースを彷彿とさせる19歳のホープがいる。彼の名前は「金谷拓実」。豪州メディアも「『ネクスト・ヒデキ・マツヤマ』になるのか?」と大きく取り上げ、熱視線を送っている。

 金谷は広島国際学院高時代の2015年、史上最年少の17歳51日で日本アマチュアゴルフ選手権を制覇。記念大会の第100回で優勝を飾るメモリアルチャンピオンになると、日本オープンでは11位に入り、17歳148日でローアマチュアの年少記録を更新した。得意のショートゲームとパッティング、勝負どころでも集中力を武器に、一躍ナショナルチームの中心選手となり、同年のアジアアマチュアチーム選手権でも日本チームの26年ぶりとなる優勝に貢献した。

 名門・東北福祉大に進学した今年、10月の日本オープンゴルフ選手権では大学の先輩にあたる池田勇太と優勝争いを演じて2位入賞。90年ぶりのアマ優勝、最年少記録更新こそ逃したものの、センセーショナルな活躍を見せた。11月23日からはオーストラリアン・オープン(シドニー)に出場。3日目には7バーディー、1ボギーと同日最少の「65」で回る猛チャージを見せ、通算1アンダーの19位で大会を終えている。

バックグラウンドと活躍する姿に松山の影!? 「先輩が辿ったレールに沿っている」

 同大会が行われたオーストラリアのゴルフ専門サイト「Iseekgolf.com」は、「タクミ・カナヤは『ネクスト・ヒデキ・マツヤマ』になるのか?」と見出しを打って特集。日本が誇る次世代のホープが見せた可能性について言及した。

「オーストラリアのゴルフファンは、その名前に注目を寄せていないかもしれない。しかし、日本のアマチュア、タクミ・カナヤはオーストラリア・オープンの第3ラウンドで印象を残した。彼はアマチュアゴルフ界において、最もワクワクさせる可能性を秘めた存在の1人だ。そして、彼はすでに母国の先輩であるヒデキ・マツヤマが辿ったレールに沿っていると語られている」

 同じ東北福祉大出身というだけでなく、アマチュアとして堂々たる成績を残している点でも、世代NO1ゴルファーは松山が辿った“成功の道”を歩んでいると言えるかもしれない。

 アマ期待の星は今後どのような成長曲線を描くのか。日本のみならず、海外からも注目を集めている。