【特集】失敗が“思い出”になる『ファイアーエムブレム』─筆者が「ファルシオン」を入手できなかった理由とその結末!

写真拡大 (全6枚)

1990年に登場したファミコンソフト『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』から始まった本シリーズは、現時点で27年もの歩みを続けており、今なお様々な展開を遂げています。

しかも歴史の長さのみならず、時期によっては毎年、間隔が開くことがあっても3年ほどで、新たなシリーズ作がリリースされ続けており、定期的に新たな戦いが提供されてきた定番シリーズとも言えます。

本シリーズの魅力は語れども尽きませんが、「倒れたユニットは復活しない」という基本的なシステムが、戦闘の緊張感とキャラへの愛着を生み、自分だけのプレイ体験を味わうことができる点でしょう。

プレイヤーの戦術ミスで仲間が死亡してしまうこともあれば、思わぬ増援に背筋を凍らせるものの、奇跡的な回避率で生き残るような場面もあり、彼らの生と死を左右する「成功」と「失敗」の数々が、様々なドラマを生み出してきました。特に大きな失敗をした時ほど記憶に残り、それはやがて思い出となってプレイヤー同士の語らいの場を彩ります。

シリーズ作はすでに17作品におよんでおり、コラボレーション作品として2015年には『幻影異聞録#FE』が、そして先月は『ファイアーエムブレム無双』が登場。また来年は、本シリーズの完全新作が予定されており、更なる飛躍に胸が高まりばかりです。

一ファンとして、『ファイアーエムブレム』シリーズの盛り上がりに心を躍らせながらこれまでのプレイ体験を振り返ると、必ず出てくるのが失敗談。当時は悔しかった出来事の数々も、今ではかけがえのない思い出です。今回は、筆者と『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』が出会ったきっかけや忘れられない失敗を振り返りたいと思います。

◆『暗黒竜と光の剣』を購入したのは、ある小説がきっかけ
村が盗賊に襲われるほど無知だった初回プレイ
当時の筆者はまだ子供で、そのため自由になるお金もあまりありませんでした。そのため、ゲームを発売日に買うという行為は不可能に近く、中古ソフトを買いあさる日々を送っていました。

そのため、『暗黒竜と光の剣』との出会いも、発売日からそれなりに経過してから。しかもソフトを実際に見るまで、周囲のゲーム友達から『暗黒竜と光の剣』に関する話を聞いたこともなく、文字通りの初見です。少なくとも自分の周りでは、誰も『暗黒竜と光の剣』を遊んでいませんでした。

なのにどうして購入したのかといえば、先見の明があったから……ではなく、当時「アルスラーン戦記」というファンタジー小説に熱中していたのがきっかけです。ある事情から国を追われた王子が、信頼できる仲間たちと共に兵をあげて立ち上がる物語を描いていた「アルスラーン戦記」。この世界にハマっていた筆者は、小説のイメージを(勝手に)『暗黒竜と光の剣』と重ね、そのままレジへと持っていきました。

もちろん、「アルスラーン戦記」と『暗黒竜と光の剣』が似ているかといえば、そんなことはありません。物語の内容やキャラクターが持つそれぞれの魅力など、まったく異なっています。ただひとつ、筆者的に近かった点としては、『暗黒竜と光の剣』もどっぷりハマるくらい面白かったということだけです。

そんなきっかけを経て出会った『暗黒竜と光の剣』。当時はインターネットなどなく、頼りになる情報はゲーム雑誌か攻略本、あとは友達の口コミくらいです。雑誌や本はやはりお金がかかるため初プレイのお供にはできず、また友達ネットワークも『暗黒竜と光の剣』には通用せず。なので、説明書だけを頼りに『暗黒竜と光の剣』をプレイする日々が始まります。

ゲームを進めていくと、お気に入りのキャラなども出てきました。一見すると少女ながらも、実は神竜王の末娘というチキは、「こんな可愛い子が滅茶苦茶強い!?」というギャップを初めて受けたキャラで印象に残っています。また、板挟みな立場に追い込まれて苦悩するドラゴンナイト・ミネルバや、大司祭の娘ながらも奴隷商人に捕まってしまう魔道士・リンダなど、いずれも記憶に残るキャラクターばかりでした。あれ、女キャラばかり…?