【深ヨミ】関ジャニ∞『応答セヨ』がSGセールス首位獲得 年別売上枚数からみる関ジャニ∞の勢い

写真拡大

 11月27日付(集計期間:11月13日〜11月19日)のBillboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”で、関ジャニ∞の最新作『応答セヨ』が233,435枚を売り上げ、首位を獲得した。
 
 『応答セヨ』は、関ジャニ∞の通算40枚目のシングルで、表題曲はメンバーの丸山隆平が主演を務める映画『泥棒役者』の主題歌。昨年12月に発売された『NOROSHI』以来、約1年振りとなるバンド編成でのシングルであり、作詞はポルノグラフィティの新藤晴一が手掛けた。
 
 今年6月にリリースされたアルバム『ジャム』では、星野源や岡崎体育など著名ミュージシャンが多数参加したことが話題となり、さらにジャニーズでは初めて【METROCK】に出演するなど、フェス界隈も賑わせた2017年の関ジャニ∞。今回はSoundScan Japanの売上データから、各リリース日〜2017年11月19日までの累計売上枚数を抽出し、2015〜2017年の関ジャニ∞年別シングルの合計枚数を比較した。なお、2015〜2017年はそれぞれ年3枚のリリースとなっている。

【関ジャニ∞年別シングル売上枚数(各リリース日〜2017年11月19日までの合計)】
<2015年>
『強く 強く 強く』『前向きスクリーム!』『侍唄(さむらいソング)』
678,393枚

<2016年>
『罪と夏』『パノラマ』『NOROSHI』
745,372枚

<2017年>
『なぐりガキBEAT』『奇跡の人』『応答セヨ』
823,020枚