連載・佐藤信夫コーチの「教え、教えられ」特別編(後編)

連載(1)から読む>>

 半世紀にわたってフィギュアスケート界を牽引し、数々の名スケーターを育ててきた2人。バンクーバー五輪後は浅田真央に寄り添い、ともに闘ってきたのはご存知のとおりだ。だが浅田真央も昨シーズンはケガに苦しみ、そして現役引退発表のときを迎えた。あらためて指導者としての喜びと苦しみの日々を振り返ってもらった。

前編を読む>>


2016年の世界選手権(ボストン)にて。浅田真央は7位だった

――真央さんがソチ五輪後に休養して1年後に復帰すると、信夫コーチは「いったん休養してまた競技生活に戻る選手を指導するのは初めて。どんなふうに身体的に変化があるのか我々も未知だし、何をやればいいのか見当がつかない」とおっしゃっていました。

佐藤信夫(以下、信夫) やはりとてつもなく難しいことでした。他のスポーツでも、若い選手ならケガをして2カ月休んでもすぐ復活して戦えるけれど、ある年齢を超えると、ケガをしたらどんどん引きずっていくということがありますね。同じことが起こるんだなと感じました。

佐藤久美子(以下、久美子) 今の若い選手たちは、育っていく段階で、専用リンクができてトレーニングするジムが併設されていたり、ダンスのレッスンを受けられたり、ずいぶん環境が整ってきました。でもそういう環境が整備されてきたのは、真央ちゃんが大きくなってから。むしろ真央ちゃんの影響があったからでしょう。

信夫 今は、練習の映像を撮ってすぐに見ることができる機器を使って練習に生かしている人たちもいます。そんな最先端のシステムの中で育ってきている若い選手たちに対しては、浅田真央でさえもついていくのはやはり大変なんです。10歳違ったら、それはもうまるで違いますから。

久美子 体のケアの部分でいうと、パワーをつけるトレーニングというより、ケガや故障をなくすためのトレーニングという発想が出てきたのも最近のことです。(荒川)静香ちゃんも真央ちゃんも、日本人としてはあれだけの上背があると、ジャンプのときにかなりの負荷がかかります。そういう部分をしっかりケアしなければ、やはり故障につながります。結果的にケガをしたということは、どこかで何かが足りなかったのかもしれません。

――おふたりがこれまで指導されてきたトップ選手たちもそれぞれ個性があったと思います。真央さんはどうだったでしょうか。

信夫 みんなそれぞれ個性があるから、多くの人たちの記憶に残るスケーターになっていったと思うんです。それぞれの選手の個性をその方向にうまく導いていくことができたということは、本当にこの仕事をやってよかったなと思うところです。

 例えば、一番表現しやすいのは村主(章枝)さんだと思うのですが、まっすぐしか滑れなかったスケートをカーブに乗せられるようになって、それができたことでどんどん結果が上がっていきました。やっぱりスケートって誰でもそういうふうに感じるものなんだということが確認できて、僕にとってはとても手応えがありました。安藤(美姫)さんには、とんでもない運動能力がありました。そういう人にめぐり合ったのは幸せ者だなと思いましたよ。

久美子 静香ちゃんは私が見ていましたけれども、とても頭のいい、要領のいい子でした。

信夫 引退してプロになった今でも成長しているね。

久美子 しています。一緒に練習していますけど、たとえ30分でも氷に毎日乗るんです。子育てをしながら、朝の6時であろうが夜中であろうが絶対にリンクに来るのですから、本当に偉いですよ。そんな中で、やはり真央ちゃんにはあれだけの華やかさがあった。彼女が出たおかげでフィギュアスケートがこんなにメジャーになったわけだし、影響力は大きいですね。

信夫 これと思ったことに対してとことん妥協なく突き進む。またそこまでできる体力、精神力もありました。

久美子 話も聞いていないようでよく聞いている。賢いんですよ。チャンピオンになっていく人というのは、みんなそれぞれに何か、特別なものを持っていますね。

――結局、真央さんにとっては昨季が現役最後のシーズンになりました。

信夫 シーズンに向かうときは初めての年でも最後の年でも同じで、何ができるのか、何をやればいいのかを考えながら取り組みます。ですから普段通り、取り組んでいました。

久美子 ただ、やはり健康面ですね。そこがすべて整わないと、本当の練習ができない。昨季はその部分でちょっと引っかかってしまったというところがありました。思うように練習ができなかったというのが一番の問題でした。その前のシーズンの反省を踏まえて次のシーズンに突入するための準備をするわけですが、その準備がどんどん遅れていくものですから、だんだん焦ってくる。はかどらない状況が続いて、本人にとってはすごく苦しいし、私たちも苦しくなる。ひざの痛みが増してきたのはフランス杯の後ぐらいかしら。

信夫 そうだね。

久美子 そんな状態では全日本選手権は間に合わないですし、健康面で万全じゃなかったから、私たちもプッシュしたくてもできない。平昌五輪というゴールみたいなものが見えていたじゃないですか。もし練習ができる状況であれば、彼女はものすごく頑張る人だから、頑張ったと思いますし、今の若い子にはない真央ちゃんのいい部分というのがいっぱいあるわけだから、それを生かせば可能性がないわけではなかった。だけど練習できる状況になかったということが、本人も一番つらいことだったと思います。その結果、悩み抜いてああいう結論を出したのでしょう。

信夫「もっと頑張らなきゃいけないんじゃないか」と言うのは簡単ですけど、果たしてそれがいいのか悪いのか。言葉では語れない難しさというのがありました。

久美子 ひと言で痛みといっても、それがどのくらい痛いのか、それこそ親子でもわからないじゃないですか。我慢強い子もいれば、痛みに弱い子もいる。それでも本人は何とか頑張ろう、頑張ろうとしているから、「今日はこれぐらいにしておいたほうがいいんじゃないの?」というようなことを言いながらも、いや、もうちょっといけるかなと思ったり。真央ちゃんはもちろんですが、私たちにも葛藤がありました。

 この2シーズンに関していえば、2人は競技に戻ってきた浅田を見守ることに徹していたという。浅田のペースに合わせ、任せて。休養前の関係とは違う伴走者となっていたのかもしれない。昨年の全日本選手権で惨敗した後はあえてほとんど連絡を取らなかったと言う。4カ月後、浅田から直接「終わりにします」と告げられると、佐藤信夫コーチは「来るべきときが来た。すごい功績を残した偉大な選手だった」と心境を語った。

◆フィギュア界の名伯楽・佐藤信夫コーチが語る「もの凄いスピン」とは>>

◆フィギュアの重鎮・佐藤信夫コーチが語る「浅田真央に継承された凄い技術」>>