白報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は27日の定例会見で、中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と面会できなかったことを中国が関係国に説明したとの報道について、「韓中両国は外交ルートを通じ、北の核問題を含む主な事案について緊密に連携している」と述べた。関係国に韓国が含まれているかどうかについては言及を避けた。

 朝日新聞は関係筋の話として、中国の習近平国家主席の特使として訪朝した宋氏が正恩氏と面会できなかったことを中国政府が関係国に説明したと報じたが、具体的な国名は明らかにしなかった。