アジア制覇を成し遂げた浦和をサウジメディアが称賛 「インテリジェントな戦術」

写真拡大

ACL決勝第2戦、粘り強い守備の浦和を高く評価

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝でアル・ヒラル(サウジアラビア)を2戦トータル2-1で破り、アジア制覇を成し遂げた浦和レッズ。

 サウジアラビアの強敵は猛攻を仕掛け、25日の埼玉スタジムの一戦でボール支配率63%を誇ったが、勝利したのは赤い悪魔だった。サウジメディアは堀孝史監督の戦略を称賛している。

「決定機はなく、ベンチが妨げに」と特集したのはサウジアラビアの英字メディア「アラブ・ニュース」だった。

 サウジの名門は敵地ながらも浦和に強烈なプレッシャーをかけた。ボール支配率63%、パス成功数488本(浦和236本)でいずれも浦和を上回った。だが、ゴール前での精度が不足していたと指摘する。

「致命的なことに、アル・ヒラルはリヤドでの試合同様に効率性を欠いていた。シュート12本のうち、枠を捉えたのはわずか1本だった」

 さらに記事では「決定機を作り出すことができなければ、得点などできない」と記しており、ラモン・ディアス監督の率いるチームの敗因を挙げた。その一方で、粘り強い守備で勝利をもたらしたレッズの堀戦術は「インテリジェントな浦和の戦術」と特集で高く評価されている。

“堀スタイル”が奏功、相手の攻撃を封殺

「ホリは先週のリヤド(第1戦)の1-1ドローを手にした同じ先発イレブンを配置した。しかし、アウエー戦よりも遥かに高い位置からプレッシャーをかけた。そして、彼らのプレッシングはアル・ヒラルのバックラインにミスを強いらせた」

 記事ではキングファハドスタジアムの決勝第1戦よりもラインの位置を高くし、1トップの興梠慎三からハイプレッシャーをかけた堀監督の戦術が奏功し、アル・ヒラルのビルドアップを妨げていたと分析している。

「ディアスはカウンターで日本の脅威を無力化することができなかった。特にチームが10人まで減ってしまった後だ」

 後半34分に相手の一人が退場となり、数的有利に立った浦和はカウンターからFWラファエル・シルバが決勝点を奪い取った。今季途中に成績不振で解任されたミハイロ・ペトロヴィッチ前監督の後を継いだ堀監督は、完璧なゲームプランを遂行し、国際的に評価を高めることに成功した。

 浦和は栄冠から一夜明けた26日に堀監督との来季契約を更新したことを正式に発表した。堅守をベースにした堀サッカーは12月のFIFAクラブワールドカップで世界を驚かせてくれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images