明石家さんまがお笑いへの思いを語った

写真拡大

11月26日(日)放送の「誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁」(日本テレビ系)では、明石家さんまのNGなしのロングインタビューが放送。その中で、さんまが「荒削りな笑いにまた挑戦したいと」と語った。

長嶋一茂「バカ息子」落書き事件、犯人はさんまだと思った

番組では1時間30分に及ぶロングインタビューの様子を放送。

「10年後の芸能界でトップになっているのは?」の質問にさんまは

「俺らみたいなタレントが育たない環境になっているのは事実。今の芸人はスゴイ優秀。若手でも上手いやつはいっぱいいて、でもうますぎる。荒いほうが面白い。だから今、俺がお笑い界のトップにいるとするならやで……」

と前置きをしてさんまがあげた人物は……。

「俺!72歳ならイケると思う」と照れながら告白した。

「あと10年は頑張れるかも」

と言いつつ「粗削りな笑いにまた挑戦したい。俺がこのままではまとまりすぎるので、昔は思い切った事をやっていたので、そこの時代にもういっぺん戻りたいな」

と、笑いに対する貪欲さを見せつけた。(ザテレビジョン)