加賀料理の名店 「赤坂 浅田」を訪ねた土井善晴と草刈民代/(C)BS朝日

写真拡大

12月4日(月)夜9時から放送される「土井善晴の美食探訪」(BS朝日)に、草刈民代が出演。土井と共に日本海で取れた旬のカニを食べ尽くす。

【写真を見る】鮮魚類はもちろん、加賀野菜やそば粉、水に至るまで現地石川県産のものを用いる/(C)BS朝日

料理研究家・土井が、一流店や人気店などさまざまな“美食”を訪ねる同番組。今回は東京・赤坂、銀座、上野を巡って行く。

■ 赤坂 浅田(加賀料理・カニ)

1件目の「赤坂 浅田」は、カニ蟹や甘エビなど金沢港で水揚げされる鮮魚類はもちろん、加賀野菜やそば粉、料理に用いる水に至るまで現地石川県産のものを用い、日本海のズワイガニと香箱ガニを楽しめる。

■ 銀座 杉もと(日本料理・ふぐ)

各地より取り寄せる旬の魚や季節野菜、最高級の仙台牛で織り成す至福の料理を提供している。和の伝統的な味わいを守りつつ、斬新で華やかなアプローチを施した自由な和食。冬季限定とらふぐコースは、白子蒸し、お造り、焼き、唐揚げ、白子焼き、皮しゃぶと全ての部位を余すところなく堪能できる。

■ 銀座 ロオジエ(フランス料理)

1973年、銀座に誕生したフランス料理の名店。世界で最も注目される料理人の一人オリビエ・シェニョンをシェフに迎え、アールデコをベースにした唯一無二の空間で味わうサービスや料理は日本最高峰。伝統的なフランス料理の技術を身に付けた実力派のシェフが、積極的に革新的なエッセンスを加えた料理を提供する。

■ 上野 スターの愛した料理 ステーキハウス GAIN

高倉健が愛したステーキを紹介。高倉と店主が六本木のジムでたまたま知り合い、その後30年ほど店に通うようになったという。高倉がいつも頼んでいたメニューが「ロースステーキ500g、ガーリックライス、ワイン1杯」。店主は16歳の時から肉の卸の仕事をしていた目利きで、選び抜いた和牛を店内の暖炉の炭火で1枚1枚丁寧に、絶妙な加減で焼き上げる。

■ 草刈民代コメント

土井先生のお話を聞きながら食事をいただける機会なんてめったにないので、今日はおいしいのは当たり前ですが、そこを通り過ぎた“向こう側”が見えた気がします。

料理を味わうとか、雰囲気を楽しむとか、こういうことなんだと分かりました。障子を開けたら海なんじゃないかと思えるぐらい、イマジネーションを喚起させられました(笑)。(ザテレビジョン)