効果的なダイエットがしたい、もっと健康的でありたい、そう願う人の多くにジョギングが人気ですが、ジョギングのきつさにリタイヤしてしまう人は少なくありません。きついのは嫌だけど痩せたい。そんなわがままな悩みをもつあなたに最適なワークアウトを紹介します。それはスロージョギングといわれる方法です。

スロージョギングとは

ランニング、ジョギングは健康づくりに最も好ましい有酸素運動とも言われています。ジョギングの平均スピードは時速6km〜8kmあたりだといわれていますが、今回紹介するスロージョギングはこれよりも更にゆっくりとしたペースで走るものです。時速どれくらいのといった具体的なスピードの定義はありませんが、隣の人と話ができるくらいの運動強度で走ることをスロージョギングと呼ぶそう。

スロージョギングは楽で続けやすい!

スロージョギング最大の特徴は、何よりも体力を消耗することなく楽に走り続けられること。そして継続しやすいことです。無理に速度を上げてジョギングを行ってもそれ以降リタイヤしてしまえば意味がありません。継続がカギとなる有酸素運動において、まず何よりも大事なのが継続するということです。そういう意味でスロージョギングは、健康維持・ダイエットにおいて非常に最適な有酸素運動であるといえるでしょう。

楽な上にそのダイエット効果は高い

実はこのスロージョギング、テレビで特集・放送され話題を呼んでいます。テレビアナウンサーが実際にスロージョギングを実践してみたところ、1ヶ月に及ばない3週間程度を継続させただけで体重は-4kg、ウエストは9cmも下がったようです。1ヶ月にも満たない期間でこの結果ですから、更に長期間継続すればより大きな成果が期待できることでしょう。そんなスロージョギングですが、より高い効果を期待するのに大事なポイントがあるようです。

ここに注意してスロージョギングに挑戦しよう!

スロージョギングをする際、背筋を伸ばしひじを軽く曲げる、足の指の付け根が地面に付くようにする、足の大きさの約半分を歩幅として走る、という点に注意して走ると良いようです。スロージョギングとはいえ慣れて楽すぎれば少しずつスピードを上げていきましょう。もちろん会話できるくらいのスピード、継続が苦にならない程度のスピードというのは守るようにしてください。最後に、運動するとご飯がおいしくなって余計食べてしまうことがありますが、運動で消費したカロリーぶん食べればダイエットという意味であまり効果が実感できない、むしろ増えてしまうことがあるので注意しておきましょう。また、ランニングを楽しく続けるための5つのコツもあるのでチェックしてみてください。


writer:サプリ編集部