ACL優勝を達成した浦和レッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

浦和のACL優勝にUAE紙も特集「浦和レッズがクラブワールドカップの座を予約」

 浦和レッズは25日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)第2戦、アル・ヒラル(サウジアラビア)を1-0で撃破し、10年ぶりとなるACL制覇を果たした。アジア王者として各大陸王者が集う12月のクラブワールドカップに出場するが、開催地UAEの地元紙も「クラブワールドカップの座を予約」と伝え、欧州王者レアル・マドリードとの対戦の可能性について触れている。

 チームカラーの「赤」で染まった埼玉スタジアムのスタンドが歓喜に沸いた。

 浦和は守備的な戦術を強いられた第1戦(1-1)とは打って変わり、立ち上がりからハイプレスを仕掛ける積極的な姿勢を徹底。アル・ヒラルに攻め込まれても、MF長澤和輝やDF槙野智章の日本代表コンビを中心に球際で体を張り、ゴール前に牙城を築いた。後半43分にFWラファエル・シルバの豪快な一撃で待望の先制点を奪うと、最後まで1点のリードを死守。2007年以来となるACL優勝を果たした。

 浦和の戦いぶりは、米スポーツ専門局「ESPN」や中東などの海外メディアでも速報されたが、UAE紙「The National」も「浦和レッズがアジア王者を勝ち取り、UAEで行われるFIFAクラブワールドカップの座を予約」と特集。各大陸王者が集う大舞台に、浦和が出場することを伝えている。

レアルへの挑戦権はどのチームの手に? 開催国もアジア王者浦和の戦いに注目

「浦和は来月に行われるクラブワールドカップ出場を確定させる6番目のクラブとなった。この大会、最大の注目株はもちろんレアル・マドリードだ。大会は12月6〜12日に開催されるが、浦和は9日に行われる準々決勝からの登場となり、開催国王者アル・ジャジーラとオセアニア王者オークランド・シティの一戦の勝者と対戦することになる」

 浦和はヨーロッパ(レアル・マドリード)、オセアニア(オークランド・シティ)、北中米カリブ(パチューカ)、アフリカ(ウィダード・カサブランカ)、開催国(アル・ジャジーラ)に続いて出場枠を確保。12月9日に行われる準々決勝に勝利すれば、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド擁するレアルと対戦することになる。

 開催国UAEの同紙もその行方には注目しているようで、「準々決勝の勝者が、欧州王者レアル・マドリードへの挑戦権を手に入れることになる」と記している。

 昨年の大会では、Jリーグ王者の鹿島アントラーズが快進撃を披露。決勝では柴崎岳(現ヘタフェ)の衝撃的な2ゴールなどで欧州王者のレアル・マドリード相手に延長戦まで持ち込む善戦を見せた。結果的に試合には2-4で敗れたが、Jリーグ勢が再び“白い巨人”と戦うことになれば、日本サッカー界にとっても大きな出来事だ。

 アジアを制した勢いそのままに、浦和がクラブW杯の舞台でも躍動する姿を期待したい。