佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)

写真拡大

「ちゃんと」「きちんと」家事をしなければ、子供は「ちゃんと」育たない。この刷り込みはどこからきたのか。翻訳家の佐光紀子氏は「昭和30年代から、政府が食や家事の外注化を『家庭機能の低下』といってきたからだ」と指摘する。なぜいまだに「家事なんて適当にやればいい」と言えないのか――。(第2回、全3回)

※本稿は、佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)の第1部「完璧家事亡国論」を再編集したものです。

■日本人は家事を外注したいとは言わない

修士論文で、「なぜ女性が家事を担うのか」を、何組かのご夫婦に別々に話を聞きながら探ろうとして、最初に行き当たったのは、誰もが「ちゃんと」した食事を「家で」作ることや、自分たちで家事を「きちんと」することは大事だという価値観を共有しているということだった。裏を返すと、「家事なんて適当にやればいいし、誰かがやってくれるならぜひお願いしたい」などという答えに出あうことは、ついぞなかった。

家事分担についてのアメリカの論文でよくお目にかかるのが「バーゲニング理論」(※1)だ。家事分担について調べたいと言うと、教授にまずはこれを読めと言われる。

バーゲニング理論は、「家事はできればやりたくないものだが、家庭生活を維持するためにある程度はやらざるを得ない。その配分は、家庭に提供する資源の割合に準じることが多い」というのが基本的な考え方だ。「自分がやりたくなければ、持てる資源を活用して外注化を図る。洗濯がいやならクリーニング屋さんに持ち込み、洗ってたたむところまでやってもらう。お金がなければ、外注はできない。手持ちの資金をベースにすることで、家庭内で担当する家事の量が決まっていく」という理論だ。

しかし、日本人にインタビューをしてみると、誰も家事を外注したいとは言わない。それどころか、「多分そこまではしない」(40代男性)と、家事の外注化はかなり特別なことだという答えさえ返ってくる。アメリカでの前提となる「家事はなるべくやりたくないもので、できれば外注してしまいたいもの」という前提そのものが欠落している。

■手抜き家事でも「きちんと」拭き取る

この、「ちゃんと」「きちんと」「自分で」家事をすることへの評価は意外に高く、「家事ができないというのは、生きていく上で致命的な欠陥なわけですよ」(50代男性)、「家事をすべて済ませて家をぴしっときれいにできている状態、家を守る状態(が心地よい)」(30代女性)という言葉に代表されるように、「家事は基本」(40代女性)的なもので、きちんとやるべきものだという認識が感じられる。

じつは、これは女性誌のライターさんたちにも感じられることで、「手抜き家事」の企画で掃除の方法のレシピを考えるときでも、「汚れを拭き取ります」と私が言うと、「汚れをきちんと拭き取る」という作業手順に翻訳されて記事ができあがってくることは多い。

「手抜き家事なんだから、この『きちんと』っていう言葉は取りませんか? とりあえず拭いてあればいいんじゃないかしら?」と声をあげても、採用されないこともある。「それだと、きれいにならないかもしれませんよね?」というわけだ。あくまでも、掃除はきちんとやることが、「手抜き企画」においてさえも優先されてしまうのが日本の家事なのだ。

それが誰かはさておき、家事は家の者が「きちんと」やることが、デファクトなのだ。手抜きというのは、あくまでもデファクトをクリアした上で与えられるご的なものであって、手を抜いたり外注化することが常態となるのは認められないという雰囲気は、共働き世帯数が片働き世帯数を抜いて久しい今も、相変わらず根強い。

■核家族と家事の外部化が子どもをダメにする?

この、「家事はきちんとしなければならない」という刷り込みはどこからきたのだろう?

一つ考えられるのは、政府の情報発信だ。先にも述べた「朝ごはん運動」を例に考えると、文部科学省と農林水産省が「朝ご飯が大事、大事」と連呼する。これに連動して、地方自治体が様々なキャンペーンを行なう。それに合わせて、主婦雑誌は朝ご飯特集を組むし、食品メーカーもここぞとばかり、朝ご飯向きの商品を売り出す……といった具合で、政府の方針と価値観は、様々な形で人々の日常生活に入り込む。

と同時に、なんとなく、「朝ご飯は食べた方がよい」→「家族で和食の朝ご飯がよい」→「和食の朝ご飯を食べている家庭が『きちんとした』家」という価値観が徐々に形成されていく。

■家庭機能の低下の要因?

そういう意味で最たるものは、「核家族と家事の外部化が子どもをダメにする」という刷り込みではないだろうか。平成5年の国民生活白書には、「従来家族が果たしていたさまざまな機能のうち、家事、育児等の機能の一部が家庭外で処理されるようになり、家族の機能は縮小していった」と明記されている。家事労働が家庭外で処理されることで、生活時間にゆとりが生まれ、家族が一緒に過ごす時間が増えるとすれば、むしろ歓迎すべきことではないかと思うが、家事や食の家庭外処理を、政府は昭和30年代から「家庭機能の低下の要因」として槍玉にあげ続けている。

昭和32年の国民生活白書には、「加工食品に対する需要はとくに都会の若い世代の人たちに強く、この人たちにとっては味噌汁や手づくりの料理などにはあまり未練もなく、ある程度うまくて、簡単で栄養があればそれでいいのである」と、批判がましい。

続く昭和34年の厚生白書には「かつては休む暇もないほど働き続けることをもって美徳と考えた我が国の主婦も、最近ではその無益なことを認識し始めるとともに、合理化へと大きな目を広げるに至っている」とある。

核家族になると、家事の手抜きを指摘し文句を言ううるさいおじいちゃんやおばあちゃんがいなくなり、「ちゃんとした家事」は簡単な方へ流れていく。それはよろしくないのだというお上のご意向は「きれいな服装をし、便利な家具品をそろえ、レクリエーションを楽しむこともわれわれの生活の一部として結構なことではあるが、しかし肝心の栄養の問題をおろそかにしたならば、その生活は決して健全な姿とはいえないであろう」という昭和32年の国民生活白書の手厳しいお言葉からも十分に伝わってくる。

ちなみに、核家族による家庭機能の低下の一端として、平成5年の国民生活白書が取り上げているのが、「核家族化と長時間労働によって相対的に低下した『かつては家族の中心であった父親の地位』」である。高度経済成長期のモーレツ社員たちは、父としての地位がそんなに低かったのだろうか? 父親の地位が低下した核家族はダメだという言葉の裏に、戦前の家父長制を一つの理想形としている旧態依然とした日本的家族観を感じてしまうのは、私だけだろうか。

■「家事はきちんと」なんて無視していい

そもそも、家父長制の下ですべてを手づくりして、家事がこなせていたのは、嫁が奴隷のように働かされていたからだろう。核家族化が進行し、舅姑(きゅうこ)にヤイヤイ言われずに、食や家事を簡便化し、その分家族と過ごせれば、家庭機能は低下なんかしないだろう。

ところが、戦後の家父長制崩壊にあらがうように、政府は戦前の「伝統的な家事」のあり方を核家族に求めた。家事は「きちんと」ちゃんとやらないと、家庭機能が低下する、子どもがちゃんと育たない。そのメッセージの裏に「女性の家庭内の無償労働をいくらでも使える資源と位置付けてきた戦前の経済体制を維持」(※2)しながら、武力ではなく経済で世界にのし上がろうという政府の意図があったのだろう。

そう考えると、昭和30年代から繰り返し発信される「家事はきちんと」なんていうものは、無視してしまってよいのだ、と思えてくる。そんなことは、個々の家庭で、こなしていける範囲で、核家族内で分業すればよいだけのことなのだから。

※1:Nash-Bargained Household Decisions:Toward a Generalization of the Theory of Demand.Marjorie B.McElroy and Mary Jean Horney,International Economic Review,Vol.22,No.2(Jun.,1981)
※2:『家事労働ハラスメント--生きづらさの根にあるもの』竹信三恵子、岩波新書、2013年

----------

佐光紀子(さこう・のりこ)
翻訳家、ナチュラルライフ研究家
1961年東京都生まれ。1984年国際基督教大学卒業。繊維メーカーや証券会社で翻訳や調査に携わったあと、フリーの翻訳者に。とある本の翻訳をきっかけに、重曹や酢などの自然素材を使った家事に目覚め、研究を始める。2002年、『キッチンの材料でおそうじするナチュラル・クリーニング』(ブロンズ新社)を出版。以降、掃除講座や著作活動を展開中。2016年上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科博士前期課程修了(修士号取得)。

----------

(翻訳家 佐光 紀子)