1979年の発売以来、アップデートを重ねてきたメルセデス・ベンツGクラス。生産終了の噂は昔から持ち上がっては消えていますが、ついにドイツ本国で現行Gクラスの生産終了がアナウンスされ、限定モデルが発表されています。

2017年11月21日、Gクラスの特別仕様車「メルセデス・ベンツ G 350 d designo manufaktur Edition」が限定200台で発売されました。同時に「メルセデスAMG G 63 Exclusive Edition」も全国限定63台で発売されています。

「メルセデス・ベンツ G 350 d designo manufaktur Edition」は、245ps/600Nmという圧倒的な最大トルクを誇る3.0LのV6 BlueTECクリーンディーゼルエンジンを搭載する「G 350 d」がベース。

ボディカラーに特別色の「マグマレッド」と「designoミスティックホワイト供廚鵬辰┐董⊃裕たГ痢屮ブシディアンブラック」の3色を用意。各色ともに随所にブラックのアクセントが付加されています。

内装には、シートやステアリング、シートベルトなどにレッドの差し色が配されているほか、センターコンソールに「designo manufaktur Edition」のロゴ入りトリムを採用。

もう1台の「メルセデスAMG G 63 Exclusive Edition」は、ハイパフォーマンスグレードの「G 63」をベースに、カタログ車には設定されていないマットカラー「モンツァグレーマグノ」が特別外装色として用意。

さらに、ダークアルミニウムサイドストリップや、特別デザインの「マットブラックペイント21インチAMG 5ツインスポークアルミホイール」を装備することで、外観の力強いコントラストも目を引きます。内装には「designoエクスクルーシブ」を採用。内装色には「designoクラシックレッド」、「designoサンド」、そして特別なカーボン調の「designoブラック」の3色を設定。

「designoクラシックレッド」もしくは「designoサンド」を選択すると、シート、ダッシュボード、ステアリングにブラックが組み合わされた2トーンカラーになります。また、スポーティな室内空間を演出するアクセントとして「AMGカーボンファイバーインテリアトリム」も採用されます。

ほかにも、サイドアンダーミラーが特別装備されますが、サイドアンダーミラーに代えて、助手席側の直視確認できないエリアの映像をCOMANDディスプレイに表示して死角の確認をサポートするサイドビューカメラキット(99,900円/税込)をアクセサリーとして用意。

「メルセデス・ベンツ G 350 d designo manufaktur Edition」の価格は12,690,000円、「メルセデスAMG G 63 Exclusive Edition」は23,000,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】生産終了が発表された現行メルセデス・ベンツ Gクラスに限定車2台が登場(http://clicccar.com/2017/11/27/535246/)